このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シニアのアクティブな毎日をサポート!「DHC健康工房」好評発売中

シニアのアクティブな毎日をサポート!「DHC健康工房」好評発売中

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2020年4月13日

いくつになっても元気に自立した生活を送りたいというのは誰もが望むことだろう。そんな願いをサポートする飲料が発売となった。「DHC健康工房」は、シニアのアクティブライフを支えるさまざまな栄養素を含んだ飲料だ。4種類のフレーバーをラインナップし、飲みきりサイズなので毎日手軽に続けることができる。さっそく商品の特長についてご紹介していこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 選べる4種のフレーバーで登場!

一本に大切な栄養素がぎゅっと詰まったシニアの自立生活サポート飲料「DHC健康工房」では、好みに合わせて選べる4種類のフレーバーがラインナップされている。

「バナナ」はフルーティーでまろやかな味わいを楽しむことができ、「ごま」は特有の香ばしさと豊かな風味がポイントだ。「バニラ」は甘い香りがふんわりと広がり、スイーツ好きにもぴったり。甘酸っぱい「いちご」はすっきりとしたフレーバーで、ちょっとした気分転換にもってこいだ。

フレーバーは異なるが、配合されている成分は同じなので、その日の気分に合わせて味を選ぶのも楽しい。内容量は1本125mlと飲みきりやすいサイズとなっている。毎日の健康習慣として、手軽に美味しく続けることができそうだ。

2. 「DHC健康工房」とは?

健康な身体に必要な栄養素を手軽に補給!

「DHC健康工房」は、「いつまでも健康的に暮らしたい」「人生を自分らしく歩み続けたい」というシニアの声に応えて開発された商品。年齢を重ねても自立した健康的な生活を送りたい人に必要な、さまざまな栄養素が配合された生活サポート飲料だ。

「DHC健康工房」には、身体を若々しく保つために不可欠な「たんぱく質」や、丈夫な身体作りに必要な「ビタミンD」をはじめ、カルシウムや葉酸、コラーゲンペプチドなどが配合されている。特に注目なのが「HMB」という栄養素だ。筋肉のエネルギー代謝や合成などに関わりの深い必須アミノ酸「ロイシン」から生成された代謝物質で、通常の食事から体内で生成できるのはごくわずかとされている。ドリンクで手軽に補給できるのは嬉しい限りだ。

どんな風に飲むのが良い?おすすめの飲み方

「DHC健康工房」は、特に1日の始まりの朝に飲むのがおすすめ。朝食と合わせてしっかりと栄養素を補給しよう。なお、冷やすとより一層美味しく楽しむことができる。目安は1日2本で、朝に限らずどの時間帯に飲んでもOK。例えばウォーキングなどの運動前後や、小腹が空いた際に飲むのもおすすめだ。

結論

「DHC健康工房」についてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。年齢を重ねてもアクティブに毎日を送りたいシニアにぴったりの商品だ。すでに2月24日から販売がスタートしているので、気になった方はぜひ店頭で手に取ってみて欲しい。商品の特設HPでは健康寿命を延ばすためのポイントも紹介しているので、あわせて要チェックだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >