このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
多彩にアレンジ!料理にチョイ足しできる「SABAKAN」シリーズ

多彩にアレンジ!料理にチョイ足しできる「SABAKAN」シリーズ

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2020年4月24日

豊富な洋風ソースを使用している株式会社極洋の「SABAKAN」シリーズは、ワンランク上のアレンジ料理を作るのに役立つと人気だ。今回は「SABAKAN」シリーズの新商品をはじめ、シリーズのラインナップをご紹介しよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 新商品「ソルト&ハーブ」と「ジンジャーソース」の特徴

株式会社極洋が手がける「SABAKAN」シリーズに新たに加わったのが「ソルト&ハーブ」と「ジンジャーソース」味である。そのまま食べるだけでもソースの風味を楽しめるが、いずれも他の食材にチョイ足しするだけで、簡単にアレンジ料理を作れるのが嬉しいポイントだ。賞味期間はそれぞれ3年で、都合のよいタイミングでサバを活用できる点も便利である。ご家庭でオリジナルのレシピを作るのにぜひ役立ててほしい。

「ソルト&ハーブ」

香ばしく焼いたサバにローリエの香りが漂うソースで味付けした逸品。サラダやパスタに取り入れると10分程の簡単アレンジでワンランク上の仕上がりが実現するので、ぜひ試してほしい。

「ジンジャーソース」

ジンジャーと醤油がかけ合わさった甘みのあるソースを使用。すりおろしたニンジンが優しい味わいの所以だ。ご飯の上に載せておいしく堪能してほしい。

2. そのまま食べるだけではもったいない!「SABAKAN」シリーズの特徴

「SABAKAN」シリーズは、個食タイプで気軽に手に取り入れやすく、使い切りのデザインで残さず活用しやすいのが特徴だ。しかも、缶のソースまで活用できるので経済的にも納得しやすい商品設計といえる。

味については、いずれも洋風のフレーバーであり、新商品以外には「トマトパッツァ」や「カレー煮込み」がある。シリーズでは合計4種類が展開されているため、お好みの味を選択できる。ベーシックな風味であることから他の食材と組み合わせやすく、自由にアレンジできるのが最大の特徴と言えよう。

アレンジレシピ例「簡単ドリア」

材料

  • 「SABAKAN さばのカレー煮込み」:1缶
  • ごはん:茶碗1杯
  • とろけるチーズ:適量
  • キャベツ:適量

作り方

  • 耐熱皿にごはんを盛り付け、その上に千切りにしたキャベツを敷く。
  • 「SABAKAN さばのカレー煮込み」缶をソースごと、またとろけるチーズを「1」の上にのせる。
  • 180℃に熱したオーブントースターで、チーズに焦げ目がつくまで焼けば完成。
味わい豊かで、そのまま食べるだけではもったいない当サバ缶、一度アレンジメニューに挑戦してみることをおすすめしたい。

3. 鯖缶のトレンドと鯖の栄養価

近年、サバ缶に対する消費者のニーズは変化を見せている。以前は60代以上の男女がメインの購入層であったが、現在では20代から若年層の購入率が増加している。購入理由については、純粋においしさが求められているようだ。

また、サバ缶をそのまま食べるよりもアレンジするのが主流となっており、サバ缶に求める調理時間は10分以内と時短に使われる傾向が見受けられる。その点、新商品の「SABAKAN」シリーズは和えたり、載せたりするだけで簡単にアレンジできるため、まさに現在のサバ缶のトレンドに応えた商品だ。

また、サバは青魚の代表として栄養価が豊富な点も見過ごせない。血流をよくすることが期待できるEPAや骨・歯などの発育に必要なビタミンDなども含まれている。手早く使えて栄養価もよいのだから、サバ缶は消費者の生活にとても役立つ食材と言えるだろう。

結論

「SABAKAN」シリーズについて新商品を含めて各フレーバーをご紹介した。使い切りタイプで手早く使える点や、多彩なソースで料理をアレンジできる点など、各々魅力を感じる部分は違ったのではないだろうか。時短メニューや創作料理を作るのにぜひ活用してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >