このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
まぶしてチン!簡単調理でお弁当のおかずやおつまみができる調味料シリーズ

まぶしてチン!簡単調理でお弁当のおかずやおつまみができる調味料シリーズ

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2020年5月30日

電子レンジでおいしいおかずを用意できる画期的な商品が登場。その名も「レンジでちょっと」シリーズだ。素材にまぶしてチンするだけで料理をおいしくアレンジできる。早速、「てり焼」と「花椒手羽」の調味料について紹介しよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. まぶしてチンするだけ!おかずやおつまみが簡単にできる調味料

2020年2月に新発売された「レンジでちょっと」シリーズは、電子レンジで気軽においしい料理が作れる粉末調味料である。使い方は簡単だ。食材にまぶして600Wで2分半チンするだけ。焼き色やてりが付与され、ふっくらジューシーなおかずが完成する。

シリーズには「てり焼」と「花椒手羽」の2種類がある。「てり焼」は熟成しょう油のうま味をそなえ、香ばしくてコクが深い。鶏肉はもちろん、ぶりのてり焼などにもアレンジできる。「花椒手羽」は花椒の爽やかな辛味と黒・白の胡椒が相まって、スパイシーな手羽焼に仕上げてくれる。鯛や鮭などに使えば風味が豊かになるだろう。

鶏肉のてり焼のレシピ

  • 一口大に切った鶏肉125gをポリ袋に入れ、「てり焼調味料」1袋を加えてまぶす
  • まぶしたらすぐに深めの皿に移し、重ならないように並べる
  • ラップをかけて電子レンジ(600W・2分半)でチンする
  • 皿にできたたれを肉にからめる

花椒手羽焼のレシピ

  • 手羽中ハーフ130gをポリ袋に入れ、「花椒手羽調味料」1袋を加えてまぶす
  • まぶしたらすぐに皿に移し、重ならないように並べる
  • ラップをかけて電子レンジ(600W・2分半)でチンする

ぶりのてり焼のレシピ

  • ぶりの切り身2切れをポリ袋に入れたあと、「てり焼調味料」1袋を加えてまぶす
  • 深めの耐熱皿に移して、重ならないように並べる
  • ぶりのまわりに水大さじ1を入れる※ぶりの表面に水をかけないように注意する
  • ラップをかけてから電子レンジ(600W・2分半)でチンする

鯛のホイル焼風のレシピ

  • 鯛の切り身2切れを深めの耐熱皿に入れたあと、「花椒手羽調味料」1袋を加えてまぶす
  • 鯛の切り身全体を箸で返して調味料を両面につける
  • 鯛のまわりに水大さじ1を入れる※鯛の表面に水をかけないように注意する
  • ラップをかけてから電子レンジ(600W・3分)でチンする

2. レンジでおいしく調理できる理由

今回のヒガシマル醤油の粉末調味料には、レンジでおいしく調理できる2つの理由(秘密)がある。

粉末ならではの調理感

粉末は、液体を加熱し、乾燥させてできる。ヒガシマル醤油は、粉末化の加熱が醤油の香ばしさなど、液体にはない調理感を生み出すことに着目。様々な風味を備えた複数の粉末醤油を使い分けることで、短時間のレンジ加熱でも食欲をそそる風味を実現した。

粉末のコーティング技術

粉末調味料を素材にまぶして使うことがポイント。素材の表面を粉末調味料で覆うことで、素材の肉汁やうま味を外に逃さず閉じ込めたまま調理できる。だからふっくらとジューシーにおいしく仕上がる。また、粉末調味料がレンジの熱を素材の表面に集めて加熱できるので、焼いたような調理に仕上がる。

3. てり焼・花椒についての豆知識

意外と難しいてり焼

一般的に魚のてり焼は、魚を焦がさないように白焼きする。あらかじめ火をとおしてから、仕上げに煮詰めたタレをぬったりかけたりするのだ。家庭で作るなら、タレを魚につけてからフライパンや鍋で焼くという方法がある。この場合、ガス台が汚れにくいというメリットはあるが、やはり時間がかかり、身がかたくなる(パサパサになる)など、簡単なようでおいしく仕上げるには難しい料理だ。

そもそも花椒とは?

花椒は中国原産の華北山椒という植物の実を乾燥させた素材である。四川料理にはかかせず、麻婆豆腐などに使われることが多い。ピリッとしたパンチのある辛味に最大の特徴がある。名称に「花」という文字を含んでいる点について気になった方もいるかもしれない。実が熟すと赤い花が咲いたように見えるからだ。

結論

以上、ヒガシマル醤油の「レンジでちょっと」シリーズを紹介した。気軽にてり焼と花椒の風味をおかずに付与できるのは画期的なアイデアといえよう。いずれの調味料も日々の食卓を充実化してくれるに違いない。気になった方はぜひ試してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ