このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
食欲をそそられる!新作「彩り豊かな野菜とわかめのスープ」とは?

食欲をそそられる!新作「彩り豊かな野菜とわかめのスープ」とは?

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2020年7月 4日

シンプルな味付けで、二日酔いの朝や食欲のない日にもぴったりのわかめスープ。このたび、株式会社白子から「彩り豊かな野菜とわかめのスープ」が発売となった。商品名にあるとおり、見た目の彩りが豊かなのが特徴。具材に野菜や卵を使うことで、より食欲をそそるわかめスープとなっている。さっそく商品の魅力についてご紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. わかめスープ+野菜と卵で健康な食生活を応援!

「彩り豊かな野菜とわかめスープ」は、具材として野菜と卵を加えたわかめスープだ。見た目の彩りの豊かさはもちろん、キャベツ、玉ねぎ、人参と卵を使うことで、栄養バランスにも配慮している。商品開発には、和洋女子大学(健康栄養学科)が参加し、健康への気遣いから減塩で1杯約16kcalに仕上がっているのも嬉しい。味付はシンプルなコンソメ風で、体調がすぐれない時でも美味しくいただくことができそうだ。

商品は一袋に40g入りで、目安としては約8食分となっているが、量を調整することも可能。お好みの分量や味に調整するだけでなく、アレンジレシピを楽しむのもおすすめだ。

2. スープだけじゃない!多彩なアレンジレシピをご紹介

「彩り豊かな野菜とわかめのスープ」の魅力は、料理のアレンジにも応用できること。ここでは厳選して3レシピをご紹介しよう。

おいしい彩り野菜とわかめの茶碗むし

茶碗蒸しは、自宅で調理するには少々手間がかかるのが難点。しかし「彩り豊かな野菜とわかめのスープ」を使えば調理の手間がグンと省ける。作り方はシンプルで、彩り野菜とわかめが入ったスープの素をぬるま湯で溶き、溶き卵を混ぜてレンジで3分加熱するだけ。あっという間においしい茶碗蒸しができあがる。

肉団子の彩り野菜とわかめのあんかけ

休日のランチにおすすめなのが、鍋一つで作る肉団子のあんかけだ。まず鍋に水を入れて火にかけ、冷凍の肉団子を加える。肉団子が柔らかくなってきたら、スープの素を加えて弱火にし、具材のもどり具合を見ながら水溶き片栗粉を加えてお好みのとろみに調整。キャベツ、玉ねぎ、にんじんにわかめと卵も入った、メイン級の一品の出来上がりだ。

おいしい彩り野菜とわかめの和風パスタ

こちらも休日のランチにぜひ作りたい一品。市販のスパゲッティを規定の時間茹でておき、スープの素は別の器にあける。そこに茹で汁と鶏ハムを足して電子レンジで30秒加熱。具材がもどったところで、茹でておいたパスタにあえれば、シンプルながら具材たっぷりのパスタが簡単に出来上がる。

3. わかめの知られざる魅力を徹底解説!

あなたは「わかめ」にどんなイメージをお持ちだろうか。味噌汁やサラダの具材として、食卓に登場する機会も多いわかめだが、その栄養価について詳しく知らない方も多いかもしれない。

わかめに含まれる栄養素でもっとも注目されるのが「ヨウ素」だ。。一方で、摂りすぎると体に悪影響もあるため、摂取量には注意したい。

そのほかにも、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分も豊富に含まれている。また、「食物繊維」も含まれており、健康志向の人にとっても見逃せない。健康を意識するならば、日々の食事メニューにわかめを取り入れてみてはいかがだろうか。

結論

新商品「彩り豊かな野菜とわかめのスープ」についてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。スープとして楽しむだけでなく、料理の簡単・時短アレンジにも使える万能さも嬉しいポイントだ。ぜひご家庭でその魅力を味わってみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ