このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
新作登場&栄養増加!大人気「パパッとふりかけ」シリーズがリニューアル

新作登場&栄養増加!大人気「パパッとふりかけ」シリーズがリニューアル

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2020年7月18日

はごろもフーズが手掛ける「パパッとふりかけ」シリーズがリニューアル。カルシウムや鉄分の配合が強化され、さらに栄養的な仕上がりとなった。今回は「パパッとふりかけ」シリーズの魅力をご紹介する!同シリーズのおいしい使い方もお披露目するので、ぜひためしてほしい。※「パパッと」は、はごろもフーズ株式会社の登録商標です。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「パパッとふりかけ」シリーズがリニューアル!

はごろもフーズから発売されている、「パパッとふりかけ」シリーズがリニューアルした。「パパッとふりかけ」シリーズは、懐かしい味わいから本格派まで様々なフレーバー展開により、子どもから大人まで幅広い世代から親しまれている。

今回のリニューアルでは味を改良したほか、カルシウムや鉄分の配合を強化している。おいしいだけでなく、不足しがちな栄養素を補給しやすくなった。ふりかけの種類は8つで、この度新しくラインナップ入りした四川麻婆とコーンポタージュのほかに、かつお、しそ、たまご、さけ、わさび、辛子明太がある。

内容量は20~28gで、参考価格は130円(税抜)だ。賞味期間も12か月なので、必要なタイミングで利用できるのも、使い勝手が良く嬉しいポイントだろう。

2. 新作ふりかけを使ったおすすめレシピ

外出自粛に迫られる中で「お家ごはん」の機会も増えつつあり料理と組み合わせると、味わい・食感ともに、いつもと違った変化を楽しむことができるのでおすすめだ。今回は「パパッとふりかけ」シリーズでも人気のある2商品「辛子明太」と「わさび」を活用したアレンジレシピをご紹介しよう!

クリームチーズの辛子明太ディップ

「パパッとふりかけ辛子明太」は、旨辛な味わいがクセになり、白ごはんとの相性が抜群の逸品だ。

「パパッとふりかけ辛子明太(7g)」とクリームチーズ(40g)を混ぜるだけで2人分が作れる。コクのある辛子明太の辛みと、クリームチーズが絶妙にマッチした逸品だ。クラッカーなどにのせて気軽に食べられるので、おつまみやちょっとしたオードブルにぜひお試しいただきたい。

出典

わさびふりかけのサワードレッシング

「パパッとふりかけわさび」は、ツーンと香るわさびとかつお節の風味が豊かなふりかけで、口に入れたときの刺激感がやみつきになる逸品だ。

「パパッとふりかけわさび(7g)」とマヨネーズ(24g)、プレーンヨーグルト(36g)を大さじ1:2:3の割合で混ぜるだけで2人分が作れる。こちらのアレンジも、わさびのさわやかな辛さと、一緒に合わせるヨーグルト、マヨネーズの酸味の絶妙なマッチを味わえるのでおすすめだ。ヘルシー志向者も安心して食べられるので、野菜スティックなどに付けてお試しになってみてはいかがだろうか。

出典

3. ふりかけの歴史

栄養補助食品として発祥

全国ふりかけ協会総会(平成6年)による(※1)と、ふりかけ発祥の歴史は大正初期に遡る。熊本の薬剤師である吉丸末吉氏が、日本人のカルシウム不足に配慮し、小魚を乾燥させて粉末にすることを思いついた。さらに、魚嫌いな人でも食べられるように、調味料やいりごま、ケシの実、海苔などを加えて魚臭さを消し、瓶詰で販売されるまでに至った。食料不足であった当時、ふりかけは貴重な栄養食品として受け入れられることとなった。

ふりかけを使ったアレンジ料理が人気?

ふりかけと言えば、白ごはんの最強のお供とも言えるお楽しみ。実は今、外出自粛要請以降増えた「お家ごはん」機会に、ふりかけを日常料理にアレンジしている人が増えている。スパゲッティやうどんといった麺類はもちろん、トーストやチーズなど、様々な食品との相性が良い。ぜひ日々の料理にふりかけを調味料としても使ってみてはいかがだろうか。

結論

以上、はごろもフーズが提供する「パパッとふりかけ」シリーズをご紹介した。バラエティーに富んでいて、どの味から手を付けてよいか悩んでしまうほどであった。一通りためしてお気に入りの味を見つけてみてはいかがだろう。

参考文献

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >