このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キングオブレモンサワーを受賞した人気居酒屋が監修!<レモンティーサワー>新登場

キングオブレモンサワーを受賞した人気居酒屋が監修!<レモンティーサワー>新登場

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2020年7月23日

夏の暑い時期に飲むレモンサワーの爽快感は格別だろう。その爽快感に新たな変革をもたらすのが、宝酒造の寶「極上レモンサワー」<レモンティーサワー>である。“キングオブレモンサワー”を受賞した、人気酒場「いざやかスコブル」が監修した、レモンサワー好きにはたまらない逸品だ。早速、新商品の魅力をお伝えしていこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 寶「極上レモンサワー」<レモンティーサワー>とは?

宝酒造の寶「極上レモンサワー」シリーズより、新商品<レモンティーサワー>が7月21日(火)から期間限定発売となる。監修しているのは、名古屋にあるおばんざいと煮込みが名物のネオ大衆酒場「いざかやスコブル」だ。

同酒場は2019年に5都市で開催された「レモンサワーフェスティバル 2019」の名古屋会場で、キングオブレモンサワーを受賞したお店だ。

そんな人気店が監修した<レモンティーサワー>は、セイロン・ディンブラ紅茶の茶葉を漬け込んだ焼酎とレモンをあわせている。グラスに注ぐと紅茶の鮮やかな色合いが浮かびあがり、それとともに華やかな香りが引き立つ。紅茶の上品さをベースにした爽やかなレモンの味わいは、この夏に新たな清涼感をもたらしてくれるだろう。ぜひ店頭で見かけたらお手に取ってみてほしい。

2. 人気を集める寶「極上レモンサワー」シリーズ

寶「極上レモンサワー」シリーズは、樽貯蔵熟成の宝焼酎を使用し、焼酎のおいしさを追求したレモンサワー。芳醇でコクのある味わいとレモンの風味が調和し、甘さに頼らない満足感を実現している。

また、レモンにもこだわり、果汁はもちろんレモンの産地や加工方法も工夫し、レモンエキスやレモンスピリッツなどを使用。うまみと香りにこだわり、本格的なレモン感を引き立てているのが特徴だ。

キングオブレモンサワー受賞店が監修した商品は、新発売の<レモンティーサワー>に加え、沖縄の素材にこだわった<とことん沖縄!塩レモンサワー>と徐々に濃厚な味に変化する<味がかわる!?レモンサワー>が期間限定で発売中。

また定番として、贅沢な果実感が楽しめる<丸おろしレモン>、カットレモンを搾ったような<瀬戸内レモン>、ほのかな塩味で夏にぴったりの<つけ込み沖縄塩レモン>、糖漬けレモンシロップを使用した<熟成つけ込みレモン>をラインアップ。それぞれのレモン感を飲み比べしてみるのも、楽しみ方の一つといえよう。

3. チューハイとサワーの違いとは?

チューハイの語源は、「焼酎ハイボール」であると言われている。焼酎を炭酸水などで割ったものが「焼酎ハイボール」と呼ばれ、その略称が"酎ハイ=チューハイ"になったという。

一方のサワーは、酸っぱいを意味する「sour」が語源になったとの見方がある。厳密な区分が定められているわけではないが、いずれも焼酎やウォッカなどスピリッツをベースに果汁を加えて炭酸で割ったお酒だと認識されている。

結論

宝酒造の新商品である<レモンティーサワー>をはじめ、寶「極上レモンサワー」シリーズの特徴をお伝えした。あらゆる角度からレモンの魅力を引き出したラインナップに、目移りしてしまった方も多いだろう。<レモンティーサワー>の発売を機に、各商品のレモン感も味わってほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ