このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
頭脳戦に打ち勝て!「AMINO BRAIN(アミノブレイン)」でエネルギーチャージ

頭脳戦に打ち勝て!「AMINO BRAIN(アミノブレイン)」でエネルギーチャージ

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2020年8月 8日

この夏、あの「ベビースター」で知られるおやつカンパニーが、私たちに活力をもたらす新商品を発売した。「AMINO BRAIN(アミノブレイン)」である。仕事や勉学で勝つために必要なエネルギーを補充してくれる本商品の魅力をご紹介しよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゼリー飲料「AMINO BRAIN(アミノブレイン)」とは?

おやつカンパニーが発売する「AMINO BRAIN(アミノブレイン)」は、味の素株式会社が独自開発した「Amino HB」を手軽に補給できるゼリー飲料だ。「Amino HB」とは、必須アミノ酸「ヒスチジン」と「ビタミンB₆」をミックスした素材である。これに、吸収速度が異なる2種類の糖質「スクロース」と「マルトデキストリン」を配合することで、手軽にエネルギー補給ができるようになった。

ちなみにカフェインも不使用なので、時間帯を気にせず飲みやすい。なお、同商品にはプロeスポーツチーム「名古屋OJAベビースター」の選手の意見も取り入れている。熾烈な実践まで想定したおやつは、ビジネスシーンや勉強、e-スポーツなど、頭脳戦で勝ちたいあなたをサポートしてくれる心強い存在となるだろう。
※「Amino HB」は味の素株式会社の登録商標です。

2. あのお菓子はどうやって生まれた?おやつカンパニー社について

おやつカンパニー社は、1948年に創業して以来60年以上にわたって、手軽にエネルギー補給ができる「おやつ」を提供してきた会社である。設立当初は麺類の製造に取り組み、学校給食麺などにも携わっていた。古くから私たちの暮らしを支え続けてきた身近な会社といえよう。

ちなみに、ロングセラーブランド「ベビースター」を提供しているのも同社であり、その誕生秘話も興味深い。即席めんを作る際にこぼれたかけらに味をつけ、社員におやつとして配ったことがきっかけだそうだ。そんなおやつカンパニーは、新たな観点から食生活をサポートする取り組みに着手した。より良い体づくりを意識する消費者や、日々奮闘する人々を応援する商品として、新ブランド「BODY STAR」を立ち上げたのだ。おやつカンパニー社の今後の動向から目が離せない。

3. 生命を支えるアミノ酸!効果や摂取できる食材は?

アミノ酸はたんぱく質を構成している成分であり、人間の体の約2割はアミノ酸からできているという。アミノ酸はこれまで500種類が発見されているが、そのうち20種類で私たちの体は構成されているのだ。そして、20種類のうち11種類は体内で合成できるが、残りの9種類は食事で摂取しなければならない。この食事から摂取しなければいけない9種類のアミノ酸は、「必須アミノ酸」と呼ばれている。

アミノブレインで摂れる「ヒスチジン」は、必須アミノ酸の一つで、疲労感軽減効果があると言われており、マグロやカツオ、ブリなどの青魚に多く含まれている。ほかには、チーズやヨーグルトなどの乳製品からも摂取することができるが、手軽に摂取するなら、アミノブレインがおすすめだ。

結論

おやつカンパニーが開発したゼリー飲料「AMINO BRAIN(アミノブレイン)」についてご紹介した。「ベビースター」は小腹を気軽に満たせるおやつだったが、新商品は頭の原動力となってくれそうだ。新たなゼリー飲料を毎日の生活でおいしく役立ててほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ