このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
まるでビール!?新感覚のクラフトスパークリングワインが新登場!

まるでビール!?新感覚のクラフトスパークリングワインが新登場!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月25日

近年、人気のスパークリングワイン。おしゃれなイメージが強く、気軽に楽しめないという方も多いのではないだろうか。スパークリングワインのそんな堅苦しさを払拭するべく誕生したのが「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」だ。さっそく新商品の魅力やこだわり、スパークリングワインの豆知識をご紹介していこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」とは?

今年の6月にメルシャンから発売されたばかりの「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」。醸造家のひと手間とワインの楽しさ・遊びゴコロを組み合わせた、ワインとホップのスパークリングワインだ。お堅いイメージだったスパークリングワインを日常的に楽しめるように開発された、いわば新感覚のワインなのである。

ビール?スパークリングワイン?これまでなかった味わいを実現!

「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」は、グラスを近づけると爽やかなグリーンの香りが立ち上がるのが特徴だ。まろやかな口当たりとふわりと広がる華やかなホップの香り、やわらかな心地良いほのかな苦み、ブドウの爽やかさと すっきりとした後切れに仕上がり、これまでにないバランスの良い味わいを堪能することができる。アルコール度数は8%と、一般的なワインより低く飲みやすいのも嬉しいポイントだろう。

相性抜群の意外な食材も!カジュアルスパークリングならではの楽しみ方

「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」は、サラダやデザートはもちろん、揚げ物やスナック菓子との相性もよく、宅飲みやオンライン飲み会などの日常的なシーンでも飲みやすく仕上がっている。

また、夏の気軽な楽しみ方としては、氷はもちろん、レモンやショウガなどを絞ってみたり、カットフルーツやフローズンフルーツを入れてみたりと、味わいのアクセントを楽しむのもおすすめだ。

2. 若き醸造家たちのホップとの出会いとワインへのこだわり

ワインとホップのマリアージュ

豊かな香りと心地よい苦みの絶妙なバランス感が魅力の本商品であるが、なぜワインにホップを浸漬させたのか?
「もっとワインを楽しむ文化をもたらしたい」
「クラフトビールとワインを組み合わせたらきっと面白くなる!」
開発の背景には、キリングループの若き醸造家たちのそんな想いがあった。

メルシャンとキリングループの技術を組み合わせて誕生した本商品だが、製品化にあたっては、何度も試験製造が行われた。「どうしたらホップの良いところをワインで引き出すことができるのか?」新しいワインの開発背景には、そんな試行錯誤の繰り返しがあったのである。

醸造家こだわりの素材と製法

若き醸造家たちの試行錯誤の結果、採用されたのが、各国から厳選したブドウ果汁を国内で醸造した凛とした果実感のある白ワイン、フルーティで華やかなフローラルタイプのアメリカ産ホップだ。さらに素材の良さを最大限に活かすべく、こだわりぬいた浸漬方法を採用するに至った。

「日本のワイン文化に広がりをもたらしたい」 という若き醸造家たちの想いが、今までにない味わいの実現につながったのである。

3. スパークリングワインがおいしくなる豆知識

押さえておきたいスパークリングワインの基本

ここで、一般的なスパークリングワインについても触れておこう。スパークリングワインとは二酸化炭素を多く含むワインで、別名「発泡性ワイン」とも言われている。乾杯酒というイメージが強く、飲むタイミングは食前がベストと思われがちだが、実は、食事中や食後でも問題ない。「辛口」なら料理に、「甘口」ならデザートに、というように、食前からデザートまで楽しめるお酒なのである。

スパークリングワインとシャンパンの違い

シャンパンもスパークリングワインの一種であるが、特定の生産地で特定の製造方法で作られたもののみがシャンパンとされるのだそうだ。

シャンパンの条件としては、フランスのシャンパーニュ地方で生産されていること、ピノ・ノワール種、ピノ・ムニエ種、シャルドネ種といった特定の品種が使われていること、シャンパーニュ方式という伝統的な製造方法で作られ、瓶内二次発酵を行ったうえで15か月以上熟成させていること、アルコール度数11%以上であること。これらの条件を満たしたものがシャンパンとされるのである。

スパークリングワインの正しい保存方法

スパークリングワインを自宅で保存するなら、冷蔵庫の野菜室がおすすめだ。ワインセラーがあるならなおよい。

スパークリングワインの保存には温度は12~15℃、湿度は70%の日の当たらない場所がよい。栓に使われるコルクは、乾燥すると瓶との間にすき間が生まれる。それによってボトルに空気が入るとスパークリングワインの酸化を早め、味が落ちてしまう。さらに紫外線もスパークリングワインが劣化する原因となり得る。

これらの理由から、冷蔵庫の中でも湿度が高い野菜室が保存に適しているというわけだ。飲みかけのものを保存する場合には、シャンパンストッパーを使おう。ボトルの中に空気が入り込むのとガスが抜けてしまうのを防ぐことができる。

結論

「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」の魅力を紹介したが、いかがだっただろうか。ワインとホップの新しい組み合わせでカジュアルにワインを楽しんでみてほしい!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ