このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
小豆好き必見!新食感スイーツ【大豆のプリン 重ね小豆】が新発売!

小豆好き必見!新食感スイーツ【大豆のプリン 重ね小豆】が新発売!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月22日

2020年9月14日(月)よりさとの雪食品株式会社より「大豆のプリン 重ね小豆」が新たに発売された。「大豆のプリン」シリーズは同社の「感豆富」ブランドの一種で、抜群のなめらかさと上品な甘さ、豆本来の風味が感じられるのが特徴だ。新商品「重ね小豆」は小豆味のプリンと粒小豆が重なった2層構造という珍しい逸品。徳島の老舗豆腐メーカーが贈る新食感スイーツについて詳しく紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「大豆のプリン」シリーズから『重ね小豆』が新発売

「大豆プリン 重ね小豆」のこだわり

感動のなめらか食感

「大豆のプリン」シリーズはなんといってもそのなめらかさが特徴。秘密はスムージーテクスチャ製法。蒸気で高温殺菌した豆乳をフィルターで濾した後、さらに細かいフィルターで濾す。さらに、そこへ大豆粉末を加えることで豆乳の凝固を緩やかにし、濃厚かつなめらかな食感を生み出している。

2種類の小豆を使用

「大豆のプリン 重ね小豆」には、厳選された国産の大豆と北海道産の大豆が使われている。2種類の大豆を組み合わせることで奥行きが出て、より風味豊かな味を感じることができる。

希少糖含有シロップを使用

甘味料にはレアシュガーとも呼ばれる希少糖を含んだシロップを使用。希少糖とは、自然界に微量にしか存在しない単糖で、さまざまな生理機能をもつといわれている。「大豆のプリン 重ね小豆」には甘味料の44%に、この希少糖含有シロップが使用されている。

「大豆プリン 重ね小豆」の気になる味は?

紺色を基調とした上品なパッケージからも想像できるように、すっきりとした甘さで、小豆本来の風味を楽しむことができる。小豆味のプリンの下には粒小豆が敷き詰められており、実際の小豆の食感を楽しみながらプリンのなめらかさも感じられる贅沢なスイーツとなっている。

2. 「感豆富」ブランドとは?

「感豆富(かんどうふ)」とは

さとの雪食品株式会社は、これまでにない大豆食を新しい食感で楽しむブランドとして「感豆富」を立ち上げた。できたての温かさやなめらかな舌ざわり、噛むたびに溢れ出るコクなど、大豆の魅力がたっぷり詰まった美味しさを感じることができる。素材、味わい、香り、形にこだわった商品は心と身体にじっくりと行き渡り、これまでにない感動を与えてくれる商品だ。

商品ラインナップ

「大豆のプリン」シリーズ

大豆のプリン
大豆のプリン 抹茶小豆
大豆のプリン ほうじ茶小豆
大豆のプリン 重ね小豆

「おからのパフ」シリーズ

おからのパフ 鳴門のうま塩
おからのパフ 安曇野産わさび

3. 大豆の特徴と栄養を解説

大豆の特徴

一口に大豆といってもさまざまな種類がある。もっとも一般的なのは黄大豆と呼ばれるもので、節分の豆まきなどにも使われる。このほかに黒大豆、青大豆がある。黒大豆はおせちなどの黒豆として、青大豆はきな粉などの原料として食される。

また、大きさによっても区別される。大粒種は煮豆などそのまま食べることが多く、中粒種はみそなどの加工品、小粒種は納豆にされることが多い。大豆は加工品も多く、みそや醤油などの調味料、納豆、きな粉、豆乳、豆腐など種類も豊富だ。

大豆の栄養

「畑の肉」とも呼ばれる大豆はほかの豆類に比べ、タンパク質と脂質が豊富に含まれている。特に可食部100gあたりのタンパク質量は牛肉よりも多い。さらに人間が必要とするアミノ酸20種類すべてを含んでおり、その中には体内で合成することのできない必須アミノ酸9種類も含んでいる。

また、コレステロール値を下げる大豆レシチンや腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖、抗酸化作用がある大豆サポニンなどの栄養素も豊富である。

結論

小豆味のプリンと粒小豆の2種類の食感が楽しめる「大豆プリン 重ね小豆」はまさに新ジャンルのスイーツ。すっきりとした甘みで、小豆の風味がしっかり感じられるため、小豆好きにこそ食べてほしい逸品である。これまでにない感動の大豆スイーツをぜひ堪能してみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ