このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
待望の復活!『明治 エッセル スーパーカップSweet’s イタリア栗のモンブラン』

待望の復活!『明治 エッセル スーパーカップSweet’s イタリア栗のモンブラン』

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月27日

2020年10月26日(月)、株式会社 明治より『明治 エッセル スーパーカップSweet’s イタリア栗のモンブラン』が全国で発売された。昨年人気のあった『明治 エッセルスーパーカップSweet’s モンブラン』がさらにパワーアップして登場。モンブランの味を楽しめる秋ならではのアイスで、まるで洋菓子専門店のスイーツかと思うような本格的な味わいが特徴だ。今回はそんな期間限定新商品の魅力に迫っていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 『明治 エッセル スーパーカップSweet's イタリア栗のモンブラン』が待望の復活!

商品の特長

10月26日(月)に発売される『明治 エッセル スーパーカップSweet's イタリア栗のモンブラン』は、"ほんのりラム香るマロンソース"、ホイップクリーム風アイス、ソルティクッキー、マロン味アイスの4層構造のアイスだ。層状アイスクリームデザートならではの複雑な食感と味わいで、市販のアイスというよりもむしろ洋菓子専門店のスイーツに近い。昨年登場した同商品よりもさらにアップグレードされているため、モンブラン好きは要チェックだ。

商品のポイント

昨年よりパワーアップ!本格専門店の味わいに

昨年秋に発売され人気となった『明治 エッセルスーパーカップSweet's モンブラン』が進化を遂げて再登場。さらに味や食感にこだわっており、洋菓子専門店のスイーツと比べても遜色ないほどの仕上がりとなっている。

"ほんのりラム香るマロンソース"が絶品!

トップを覆うのは"ほんのりラム香るマロンソース"。ソースに使われるマロンペーストには、芳醇な香りと味わいが特徴のイタリア栗が生換算で栗原料中70%も使用されている。さらにダイス状に小さくカットされた栗果肉も入っており、食感も楽しむことができる。
隠し味にはラム酒フレーバー(ラム酒不使用・香料のみ)を使用。ふんわりと鼻に抜ける大人の香りが高級感を演出する。

クッキーの塩味とザクザク食感がクセになる

中間層に位置するのは、ほんのり塩味が感じられる"ソルティクッキー"だ。マロン味アイスとホイップクリーム風アイスの甘味にアクセントを加えてくれる。ほかのアイスにはないザクザクとした食感もクセになるに違いない!

味や食感の組み合わせは"層状アイスデザート"ならでは

通常のモンブランはメレンゲやホイップクリーム、マロンクリーム、栗の渋皮煮などさまざまな味と食感が組み合わさってできている。そんなモンブランの複雑な美味しさを再現するのに、"層状アイスデザート"はうってつけだ。
大きめのスプーンで底まで一気にすくって食べると、モンブラン全体の味をしっかりと楽しむことができる。

2. 「明治 エッセル スーパーカップSweet's」シリーズについて

「明治 エッセル スーパーカップSweet's」シリーズとは、アイス以外のさまざまな素材を重ね合わせることで、アイスをより上質なスイーツの味わいに仕上げた"層状アイスデザート"のこと。"それは、スイーツすぎるアイス"というキャッチコピーのとおり、アイスでスイーツが見事に再現されている。

味だけでなく異なる食感の素材を組み合わせることで、より複雑な奥行きのある味わいを感じることができるのが特徴。過去には『苺ショートケーキ』『ティラミス』『ブルーベリーチーズケーキ』などが販売され、話題となった。

商品ラインナップ

苺ショートケーキ

2016年に「明治 エッセル スーパーカップSweet's」シリーズの第1弾として発売された『苺ショートケーキ』が、リニューアルして再登場。ホイップクリーム風アイスとカスタード風味のアイスの間にザクザク食感のクッキーを挟み、苺の果肉入りソースをトップにあしらっている。

苺の果肉感がアップしていると同時に、パッケージも一新されている。

スイートポテト

さつまいもアイスとバニラアイスをさつまいもペースト入りソースで覆い、バターが香るクッキーを敷き詰めたアイスデザート。さつまいも本来の甘みと香りにバターのコクが加わることで、スイートポテトの味を再現している。

3. モンブランの豆知識

モンブランの歴史

モンブランは、アルプス山脈の最高峰である"モンブラン"という山を模して作られたケーキ。モンブランには大きく分けてドーム型と三角形の2種類ある。これは"モンブラン"がフランスとイタリアの国境に位置しており、見る方向によって山の形が異なるためといわれている。

日本でモンブランが初めて販売されたのは1933年のこと。発祥の店といわれる自由が丘の「モンブラン」は、現在でも営業を続けている。

トッピングの栗の違い

  • 渋皮煮
    渋皮と呼ばれる茶色い薄皮をそのまま残して甘く煮たもの。栗らしい茶色い見た目が特徴的。
  • 甘露煮
    皮をすべてむいて甘く煮たもの。渋皮がないので黄色く仕上がる。渋皮煮に比べ工程がシンプルなので家庭でも作りやすい。
  • マロングラッセ
    皮をすべてむき、シロップに漬けてコーティングしたもの。

結論

『明治 エッセル スーパーカップSweet's イタリア栗のモンブラン』について紹介してきたが、いかがだっただろうか。こだわりの詰まった本商品はもはやただの"モンブラン風アイス"を超越した、"新モンブラン"といっても過言ではないほどの仕上がり。こんな本格的なスイーツが手軽に買えるというのだから、買わない手はない。新感覚の層状モンブランアイス、ぜひお試しあれ!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ