このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
累計350万台販売の人気調理家電「クックフォーミー」がコンパクトに!

累計350万台販売の人気調理家電「クックフォーミー」がコンパクトに!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月23日

世界で累計約350万台売れている大人気の電気圧力鍋「クックフォーミー」から、今月コンパクトな新商品が登場する!その名も「クックフォーミー 3L」だ。早速、従来の製品と異なる点を含めて商品の特徴を解説していこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ミニサイズ「クックフォーミー 3L」新登場!

「クックフォーミー」は販売台数からもわかるように、購入者の満足度が高い機器であるが、キッチンのスペースを圧迫してしまうという意見も寄せられていた。ユーザーの声を反映してよりコンパクトなサイズに仕上げられたのが、新作「クックフォーミー 3L」だ。本体の幅と高さは約5cm、奥行きは約4cmコンパクトになっている。

内鍋の満水容量も、従来の半分になっているというから驚きだ。カラーはブラックとホワイトの二色から選択でき、いずれもキッチンに馴染むデザインであり、見せる収納も可能になるだろう!

「クックフォーミー 3L」で料理を時短できる理由

「クックフォーミー 3L」には210種類の内蔵レシピが搭載され、そのうち193種類のレシピは、圧力調理時間がわずか15分以内と驚きだ。また、専用アプリがリリースされ、移動中に献立を考えたり、買い物リストを作成したりできるようになった。アプリを活用した料理の時短を、ぜひ体感いただきたい!

2. クックフォーミーの特徴

クックフォーミーは、献立選びから調理まで時短できるほか、毎日の料理がラクになる特徴が満載である。まず、内蔵レシピから食べたい料理を選択すると、食材や分量、調理手順を表示してくれる。その後、ナビ通りに材料を入れてボタンを押せば、そのまま放置するだけで済む。

予熱時間が短く圧力調理をスムーズに開始できるほか、100度以上の高温調理の際に内部の蒸気を密閉して逃がさないので、食材に素早く火が通るのも時短の秘訣。加熱に弱い栄養素も最大80%キープできるように仕上げられ、ヘルシーメニューとの相性もよい。また調理後は、自動排気が行われ火傷の心配もしなくて済み、セラミックコーティングで汚れが付きにくく手入れしやすい点も、嬉しいポイントだろう。

また、「煮込む」「蒸す」「炊飯」「炒める」といったさまざまな調理を1台でこなせるのも魅力的だ。これなら初めて調理するメニューにも挑戦しやすい。コンパクトサイズの3Lも、4人分のレシピや4合の炊飯にも対応しており、家族使用でも問題なく時短調理を楽しめる!

3. 初心者が知っておきたい電気圧力鍋のお手入れ方法

圧力鍋は短時間で豊富な種類のメニューを作れるというメリットがあるが、パーツが多くて掃除しにくかったり、内側に焦げがこびりついてしまったりと、お手入れ面で苦労している人も多い。

初めて利用するのであれば、使用後の掃除方法まで知っておくと安心だ。圧力鍋を掃除する際は、食器用中性洗剤と柔らかい布、綿棒、スポンジなどを用意する。外蓋が取り外せない場合は、水で薄めた洗剤を布にしみこませて絞ってから、蓋の汚れを拭き取る。布が届きにくい部分は綿棒で掃除するとよいだろう。

一度拭き取ったあとは、乾いた布で空ぶきするのも忘れずに。内蓋が取り外せる場合は洗剤と水で丸洗いし、隙間については同様に綿棒を有効活用する。

鍋の内側が焦げ付いた場合は、重曹を使っても落とすことができる(※1)。まず、焦げがつかるほどの水を圧力鍋に入れ、重曹を大さじ1、2杯程度加えて溶かす。電気圧力鍋の取扱説明書に従って沸騰させたあと(※2)、加熱を止めて鍋が冷えたことを確認する。そして確認後すぐ、柔らかいスポンジなどでこするとよい。重曹を含む水を長時間入れておくことで内鍋を傷めてしまったり、また硬いスポンジを使うとコーティングを傷めてしまう可能性があるので、注意が必要だ。なお、加熱のときは泡立ってくるので、フタをしないように注意しよう!

(※1)内鍋がふっ素樹脂加工でコーディングされている商品などには、重曹を使ったお手入れはおすすめできない。お手元の取扱説明書で確認した上で試してほしい
(※2)クックフォーミーの場合は、マニュアル調理内の「通常調理」モード(強火)

結論

以上、「クックフォーミー 3L」の特徴をご紹介したが、いかがだっただろうか。主に材料を入れてボタンを押すだけで料理できる点は、忙しい方にとって魅力的に映ったのではないだろうか。仕事や家事の負担を減らしたいのであれば、ぜひ「クックフォーミー 3L」の導入を検討してみてほしい!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ