このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
手軽でも罪悪感なし!「おひとてま。」シリーズから2つの新商品が登場

手軽でも罪悪感なし!「おひとてま。」シリーズから2つの新商品が登場

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月12日

2020年10月12日、株式会社Mizkanより新商品「おひとてま。小悪魔チキン」、「おひとてま。 麻辣棒々鶏」が全国のセブン-イレブンにて先行発売された。本製品は昨年10月に販売が開始された「おひとてま。」シリーズの第2弾。疲れていてもひと手間かけるだけで簡単に手作り感のあるおかずを作ることができる具入り合わせ調味料だ。今回はそんな2商品について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「おひとてま。」シリーズから「小悪魔チキン」「麻辣棒々鶏」新発売!

おひとてま。小悪魔チキン

サラダチキンに和えるだけで"小悪魔チキン"が完成する具入り合わせ調味料。独特な風味とピリッとしたマイルドな辛みが特徴だ。トマトベースの味付けで旨みもたっぷり。辛さの中にも奥行きのある美味しさを感じることができる。
イタリア料理の"鶏の小悪魔煮"に着想を得て開発された味付けは、一度食べたらやみつきになること間違いなしの、まさに小悪魔的美味しさだ。

おひとてま。 麻辣棒々鶏

サラダチキンにかけるだけで、麻辣棒々鶏が完成する具入り合わせ調味料。旨さのポイントは"麻辣油"。麻辣油とは、ごま油に花椒と赤唐辛子を入れて熱した中華調味料のことで、しびれるような辛みがあるのが特徴だ。たっぷりのごまに絡んだ麻辣風味の味はサラダチキンの淡白な味と相性バツグン。ごはんのお供や酒のつまみにぴったりだ。

2. 「おひとてま。」シリーズとは?

「おひとてま。」シリーズは、コンビニで手に入る食材にひと手間加えるだけで、1品作ることができる調味料シリーズだ。簡単に購入できる食材にひと手間加えることで手作り感のある1品を作ることができ、罪悪感なく食卓に出せる。
和えるだけ、かけるだけ、というと簡単に聞こえるが、たかがひと手間、されどひと手間。時間に追われる日々を送る人々にとっては嬉しい商品である。
疲れていてもひと手間かけたいという想いに敬意を表した「"お"ひとてま。」という商品名にもミツカンの思いやりが感じられる。

おひとてま。よだれ鶏

「おひとてま。」シリーズの第1弾。サラダチキンにかけるだけでよだれ鶏が完成する具入り合わせ調味料だ。近年人気のよだれ鶏が家庭で手軽に作ることができる。酢や醤油に香味野菜を加え、ラー油でピリ辛に仕上げている。酢には黒酢、米酢、リンゴ酢の3種類使用し、立体的な深みのある味わいに。さらに隠し味にはシナモンが入っており、家庭ではなかなか真似できない美味しさとなっている。
昨年10月に発売され、「セブン-イレブン」の調理の素カテゴリーで8ヵ月連続販売個数第1位を記録した。

3. 麻辣ってどんな味?

麻辣(マーラー)とは、中華料理の調味のことで、辛さを表す料理用語である。もともと麻には「舌がしびれる」、辣には「舌がヒリヒリする」という意味があり、中華料理において麻辣は花椒、唐辛子を使用した味付けのことを指す。

麻辣の味付けは特に四川料理によく使用される。火鍋や臭豆腐、麻辣拌時菜などの料理があるが、日本で有名なのは麻婆豆腐だ。近年流行したよだれ鶏も麻辣味の料理である。

花椒や唐辛子にもさまざまな種類があるため、一口に麻辣といってもその味は多種多様。中華料理にこだわりたい人は使用する花椒、唐辛子にもこだわってみるといいだろう。

結論

数々の調味料を世に送り出してきたミツカンが展開する「おひとてま。」シリーズから新たに発売された「小悪魔チキン」「麻辣棒々鶏」は時間はないが、買ってきただけのおかずやおつまみをそのまま出すのは気が引ける、という人にこそ使ってほしい商品だ。仕事に育児に家事にと忙しい日々を送る人にはもってこいのミツカン「おひとてま。」シリーズ、ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ