このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
正体不明!?バーガーキングからミステリアスなハンバーガーが登場!

正体不明!?バーガーキングからミステリアスなハンバーガーが登場!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月31日

数多くのハンバーガーショップではアイデア満載のハンバーガーが世に送り出されているが、今回のバーガーキングが期間限定で販売するメニューは特に異彩を放っている。なんとモザイクがかかっており、具の内容が見えない。早速、ミステリアスなハンバーガーの情報をお伝えしていこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「THE FAKE BURGER(ザ・フェイク・バーガー)」が新登場!

バーガーキングは、世界で2番目に大きなファーストフードハンバーガーチェーンである。そのバーガーキングは史上初となる正体不明のハンバーガーを期間限定で販売するという。

その名は「THE FAKE BURGER(ザ・フェイク・バーガー)」だ。名前は偽りのないおいしさを表現しており、一度食べるとクセになるといわれている。商品の価格は単品で290円であり、フレンチフライ(M)とドリンク(M)を含んだセットで頼むと590円となる。

中身を予想する楽しみを与えてくれることを考えれば、良心的な価格設定といえよう。モーニング実施店舗では10時半からの販売となる。数量限定品でもあるので、気になる具材を見過ごすことがないよう、ぜひ店頭に足を運んでいただきたい!

2. 「チリアグリービーフバーガー」も期間限定で発売中!

ミステリアスなハンバーガーとは別に、贅沢なボリュームの期間限定ハンバーガーも見過ごせない。バーガーキングでは、11種のスパイスと4種のチーズを用いた「チリアグリービーフバーガー」も10月より提供している。直火焼きの100%ビーフパティをチェダーチーズ、ピクルス、レタス、トマト、オニオンとともに、チーズのかおるチーズバンズで挟み込んだ。このチーズバンズについては、手作業が多く通常のバンズの1/3の数量しか生産できないというから貴重だといえよう。11種類のスパイスとビーフ100%のひき肉を使った本格チリビーンズソースも用いられており、見た目よりもおいしさにこだわった仕上がりとなっている。

なお、公式アプリで「チリアグリービーフバーガー」のセットが単品価格で食べられるクーポンが配信されている。セットを注文する際はぜひクーポンを活用してみるとよいだろう。

3. ハンバーガーのルーツは?

アメリカの名物であるハンバーガーのメインは、ハンバーグであることはいうまでもない。しかし、そのハンバーグのルーツは、北アジア・シベリア・東ヨーロッパ周辺で活動していた遊牧民のタタール人に関係しているという。タタール人は固い羊の屑肉を調理するために鞍の下に肉を入れ、馬の動きによる上下運動で体重をかけることで、肉を柔らかく加工していたとのことだ。

侵攻したロシアの地では、タタール人が食べていた肉料理が、ロシア人からタルタル・ステーキと呼ばれるようになった。タルタルという言葉は、地獄の底のような空間を示す言葉であり、侵略者を地獄から来た者としてたとえるために用いられたようだ。このタルタル・ステーキがハンバーガーのハンバーグのルーツ。ハンバーガーのメイン具材がアメリカ発祥ではないかもしれない点は興味深い事実だろう。

結論

以上、バーガーキングから販売される「THE FAKE BURGER(ザ・フェイク・バーガー)」の情報をお届けした。すでに、このミステリアスなハンバーガーは販売が開始されており、2020年11月5日(木)で販売終了となる。中身が気になった方は、時間を見つけてぜひバーガーキングの店頭に立ち寄ってみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ