このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
あのチロルチョコが可愛くコンパクトに!「プチロル」って何?

あのチロルチョコが可愛くコンパクトに!「プチロル」って何?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月12日

豊富なフレーバーで未知なる味を楽しませてくれるチロルチョコが、従来の形はそのままにコンパクトになって帰ってきた。今回はチロルチョコ株式会社が販売開始した「プチロル」の魅力をお伝えするとともに、過去に販売されたフレーバーも振り返っていく!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チロルチョコから「プチロル」が新登場!

「チロルチョコ」で知られるチロルチョコ株式会社は、2020年9月7日より「プチロル」を販売開始した。チロルチョコの台形型をそのまま踏襲しているが、1粒の大きさはなんと24分の1になっている。

味は、「ミルク」「いちご」「バナナ」「メロン」「きなこ」の5種類。いずれも可愛らしいフォルムであり、一粒つまむたびに私たちを明るい気分にさせくれるだろう。

また、食べやすいプチサイズであるうえに、公式ホームページではフレーバーごとにアレルゲン情報も確認できるよう配慮されている。アレルギーに敏感な子供でも、適切な情報にもとづいてチョコレートを楽しみやすいといえよう。参考価格は50円であり、親御さんも気軽に購入しやすいのがうれしい。

2. 「チロルチョコ」といえば?過去に販売されたフレーバーを調べる方法とは?

チロルチョコ株式会社は、1903年に福岡県田川市で創業した松尾製菓の一部門から派生した企業であり、2004年に東京で設立された。主力商品のチロルチョコは豊富なラインナップから好きな味を選べる点が魅力的だ。

「ミルク」、「いちごみるく」、「コーヒーヌガー」などさまざまな種類がある。「カレーパン」などの変わり種もあり、味を想像する楽しみも与えてくれる。一度にたくさんのフレーバーを楽しみたい方にはバラエティーパックがおすすめだ。

過去のチロルチョコを年度検索!

これまで発売されたチロルチョコについて詳しく知りたい方もいるだろう。公式ホームページでは年度検索によって過去に発売されたチロルチョコを閲覧できる。一度検索してチロルチョコの大きな歴史を感じてみてほしい。

3. チョコレートはどう保存したら良い?

チョコレートは28℃前後の温度で溶け始める。溶けるとココアバターが浮き出してしまい、チョコレート本来の風味が楽しめなくなってしまうのだ。溶けないように冷蔵庫で保管する方が多いが、チョコレートは温度変化によっても品質変化してしまう。そのため、28℃以下であれば涼しいところに保管することをおすすめしたい。

ただ、常温で保存する場合は、直射日光にあたらないよう置き場所に気を配ってほしい。また、生チョコレートやガナッシュチョコレートなどのようにクリームが含まれているチョコレートは高温に弱いため、例外として冷蔵庫の中に入れて保管するようにしよう。

結論

チロルチョコ株式会社の「プチロル」の魅力をチョコレートの保存方法とともにお伝えした。チョコレートはなるべく常温で保管した方が良い事実に驚いた方もいたのではないだろうか。チロルチョコを保管する時にもぜひ参考にしてみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ