このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ガリガリ君から「塩ちんすこう」味が登場!開催中キャンペーンにも注目

ガリガリ君から「塩ちんすこう」味が登場!開催中キャンペーンにも注目

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 6日

アイデア満載のさまざまな味で私たちを楽しませてくれるガリガリ君から、新たなフレーバーが新登場する。今回のテーマは「塩ちんすこう」だ!早速、新フレーバーの詳細をお届けしていこう。ガリガリ君の最新キャンペーン情報も紹介するので、ぜひ応募してみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤城乳業から「ガリガリ君リッチ塩ちんすこう」が新登場!

「ガリガリ君リッチ塩ちんすこう」は、その名の通り、塩ちんすこう味のフレーバーに仕上げられており、アイスキャンデーの中には塩ちんすこう風味のクッキーが入っている。塩ちんすこう風味のクッキーは、ラードを使うことでリアルな風味と食感に近づけた。ガリガリ君ならではの当たりボーナスでは、ガリガリ君をテーマとしたエコバッグがもらえるキャンペーンも実施。ガリガリ君のファンであれば見過ごせないイベントだろう。

ペーパークラフトが手に入る!

赤城乳業の公式ホームページでは、ガリガリ君のペーパークラフトをダウンロードできる。ガリガリ君をモチーフにしたシーサーは、沖縄気分を味わうのにピッタリな装飾だろう。塩ちんすこう味をさらに楽しむためにぜひ作成してみてほしい。

2. ガリガリ君が誕生したきっかけは?

赤城乳業では、1964年に「赤城しぐれ」というアイスが爆発的にヒットした。その後、子供が遊びながら片手で食べられる「赤城しぐれ」を作りたいと思いが引き金となり、新たな商品開発がスタートした。そこで生まれたアイデアがアイスキャンデーによるコーティングだ。そのアイデアをもとに、溶けにくくて棒が抜けにくいガリガリ君が誕生したのであった。

そんなガリガリ君は今年で40周年を迎え、2021年5月に新フレーバーを発売することが決定している。ちなみにフレーバーのアイデアは消費者にゆだねられており、2020年10月15日(木)23時59分までを期限に募集されている。ガリガリ君の新たな歴史を築くチャンスなので、奮って応募してみてはいかがだろうか。

3. そもそも「ちんすこう」とは?特徴やルーツについて

沖縄のお土産として名高い「ちんすこう」であるが、そもそもどのようなお菓子なのか明確に答えられる方は少ないのではないだろうか。「ちんすこう」は、小麦粉や砂糖、ラードを原料とした焼き菓子である。見た目は細長く側面がギザギザしており、中身はホロホロとした柔らかい食感が特徴だ。

琉球王朝時代の後期に、中国菓子と日本菓子を組み合わせた琉球独自の菓子として誕生したという。漢字で「金楚糕」とあらわされ、金は黄金色、楚は解けるような口当たり、糕は焼き菓子の意味を示しているという。王族や貴族がお祝いごとに際して食べるお菓子で、一般人がなかなか口にできなかった点も興味深い。現在では、チョコや黒糖、紅芋など、さまざまなフレーバーを楽しめるようになった。

結論

以上、「ガリガリ君リッチ塩ちんすこう」の特徴とともに「ちんすこう」の特徴をお伝えした。歴史上、「ちんすこう」は王族や貴族だけが食べられる高級な焼き菓子であった点に驚いた方もいるのではないだろうか。新フレーバーのガリガリ君を食べながら、日本と中国の歴史に思いを巡らしてみるのも一興である。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ