このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
北海道を堪能!お土産品の「じゃがポックル」から大人気の新味が限定登場!

北海道を堪能!お土産品の「じゃがポックル」から大人気の新味が限定登場!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年3月24日

北海道のお土産商品「じゃがポックル」をご存じだろうか。その商品から初の新味として「ほたて塩味」が登場することになった。どんな商品か、早速紹介していこう。

  

1. 『じゃがポックル ほたて塩味』が数量限定で新登場!

『じゃがポックル ほたて塩味』の発売経緯

カルビー株式会社より発売されている北海道発のお土産商品「じゃがポックル」から、初の味替わり商品となる『じゃがポックル ほたて塩味』が発売された。「じゃがポックル」の特長である「じゃがいもの味と香り」、「サクサクっとした食感」はそのままに、北海道らしさにもこだわったことで、北海道の大地と海の恵みが織り成す絶妙な味わいが存分に楽しめる商品になっている。

新商品のベースとなったホタテは、北海道の豊かな水産資源の中でも最大の生産量を占めており、また、親しみのあるフレーバーとしても定評がある。新味の開発にあたっては、ホタテの味をそのままに、魚介類特有の臭みを抑える塩味とのバランス調整がポイントとなった。100回ほどの試作を重ねるなどの試行錯誤を繰り返した後、こだわり抜いた味わいの実現にいたったのである。

新商品『じゃがポックル ほたて塩味』の特長

  • 干し貝柱の出汁を煮詰めたホタテエキスパウダーと、北海道産ほたてパウダーを使用。口に入れるとホタテ味が感じられ、その後、じんわりとホタテの旨みがひろがっていくという仕上がりになっている。
  • 海の幸が感じられるようなパッケージデザインを起用。波とホタテを描き、アイテムカラーに水色を採用した。
『じゃがポックル ほたて塩味』は、3月16日よりエリア限定・数量限定で発売中だ。また、公式オンラインショップの「カルビーマルシェ」でも3月17日より販売を開始している。売り切れ次第終了となるため、気になった方はお早めにチェックしていただきたい!

2. 「じゃがポックル」について

「じゃがポックル」とは?

「じゃがポックル」についても紹介しておこう。「じゃがポックル」は、素材と製法にこだわった北海道発のお土産品ブランド「ポテトファーム」の代表的な商品だ。

2002年に「ピュアじゃが」の名称で登場し、その後、アイヌ語で「蕗(ふき)の下の人」を意味する伝説の妖精「コロポックル」にちなんで現在の商品名に変更されている。

独自製法でじゃがいも本来の味わいを実現!

「ポテトファーム」とは、北海道産の素材やおいしさを届けるための製法にこだわった、お土産ブランドだ。「じゃがポックル」の原料となるじゃがいもも、100%北海道産を使用し、旨み成分を残すために皮付きのまま、まるごとカットしている。さらに、「ポテトファーム」独自の製法でサクサクッとした食感に仕上げ、さわやかな北海道の気候でおいしく育ったじゃがいも本来の味わいを生み出しているのだ。

おいしさの秘密!オホーツクの塩

北海道ならではの風味を醸し出しているのがオホーツクの塩だ。サロマ湖の、汽水域から作られた塩で、くみ上げた海水を釜でじっくり煮込むことで、マイルドな塩に仕上がっているのである。

他にはない食感が人気ですっかりロングセラーになった「じゃがポックル」も、ぜひ一度お試しいただきたい!

3. 「じゃがいも」の豆知識をおさらい

じゃがいもには種類が沢山!?

農林水産省によれば、一般消費者が買うことのできるじゃがいもはおよそ15種類とのこと。スーパーなどで見かけるのは、ごく一部の種類ということになる。数多い品種の一部を紹介していこう。

煮崩れしにくい粘質系

煮崩れしにくいため、おでん・カレー・シチュー・肉じゃがなどに向いている。「メークイン」のほか、「レッドムーン」、「とうや」がある。

ホクホク食感を味わえる粉質系

ふかしいも・粉ふきいも・コロッケ・ポテトサラダ・マッシュポテト・そのほかレンジ調理などにも向いている。有名な「男爵いも」のほか、「キタアカリ」、「アンデスレッド」、二期作向きの「デジマ」がある。

使い勝手抜群の万能系

粘質系と粉質系、両者のちょうど中間のようなじゃがいももある。煮物からフライまで、幅広く使える万能系だ。「インカのめざめ」や「シンシア」、「十勝こがね」、「こがね丸」などがある。

じゃがいもの二大品種「男爵」と「メークイン」を解説

男爵いも

アメリカが発祥の男爵いもは、1928年に北海道の優良品種に認定され、現在では最も多く生産されている品種だ。
丸くてゴツゴツした形の男爵いもは、柔らかくてほくほくとした食感が楽しめるが、煮崩れしやすい。そのため、煮込み料理には不向きであり、粉ふきいもやポテトサラダ、コロッケなどに向いている。

メークイン

男爵と並んでよく知られるメークインは、北海道の厚沢部町が発祥の地といわれている。俵型で細長い形のメークインは、調理の際に煮崩れしにくく、カレーやシチューなどの煮込み料理に向いている。

結論

北海道のお土産商品「じゃがポックル」から新登場となった『じゃがポックル ほたて塩味』について紹介した。販売エリアと数量限定で発売中となっているが、カルビーの公式オンラインショップでも購入が可能だ。なかなか旅行に行きづらい時期は、お土産品を取り寄せて、ご自宅で北海道の大地と海の恵みを堪能してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年3月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ