このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
防腐剤とワックス不使用!本物志向に応えた「natura WATTAレモンサワー」

防腐剤とワックス不使用!本物志向に応えた「natura WATTAレモンサワー」

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年6月 7日

喉を通り抜けるレモンの果実感は、夏の季節にはたまらない爽快感をもたらす。その味や香りを本格的に追求してみたいと思う方もいるだろう。そんな方におすすめしたいのが、オリオンビール株式会社による「natura WATTA(ナチュラワッタ)レモンサワー」である。新商品の魅力を早速お伝えしていこう!

  

1. 防腐剤とワックス不使用!こだわり満載贅沢レモンサワー登場

オリオンビール株式会社の調査によると、最近では価格が高くても高品質な商品を求める消費者が多くなっているという。本物志向の高まりに応じて同社から発売となるのが、「natura WATTA(ナチュラワッタ)レモンサワー」である。

希薄になってしまう濃縮還元ではなく、ストレート果汁を使用しているのがポイントだ。瀬戸内産レモン果汁のマイルドな酸味と、シチリア産レモン果汁のサッパリとした酸味、沖縄県産マイヤーレモンの果実感を楽しめる。また、原料のレモンには防腐剤やワックスを使わず、香料や人工甘味料、人口着色料などの余分な存在も省いた。レモン本来のおいしさと香りを楽しみたい方にうってつけのレモンサワーだといえるだろう。

2. 近年注目が集まる!「マイヤーレモン」とは?

マイヤーレモンは、一般的なレモンとは少し異なった見た目をしている。少し大きめで丸みのある形をしているうえにオレンジ色を帯びているため、みかんを連想してしまう方も多いに違いない。それもそのはず、マイヤーレモンはレモンとオレンジの自然交配で生まれた果実なのだ。国内では紀伊半島をメインに生産されているが、生産量は少量で希少な品種として知られている。風味は、レモンよりも酸っぱくなくて糖度が高い。

皮も含めてそのまま食べることも可能だが、スイーツの材料として使われることがある。たとえば、タルトやクッキー、ゼリーなどが良い例だろう。そのほか、美味しい使い方や食べ方としては、焼き肉のたれやはちみつ漬けなども挙げられる。

3. チューハイやレモンサワーの豆知識

そもそもチューハイとは?サワーとの違い

チューハイとは、無色で香りがないスピリッツ(焼酎やウォッカなど)をベースに果汁などを加え、炭酸を混ぜ合わせた飲み物として知られている。焼酎の「酎」とハイボールの「ハイ」を組み合わせた名前だという。その一方でサワーは、スピリッツを酸味のある柑橘類やベリー類のジュースで混ぜたカクテルをさす。語源は酸っぱいを意味する「sour」という見方がなされている。

簡単!レモンチューハイの作り方

【材料】

  • 連続式蒸留焼酎
  • レモン
  • 炭酸水

【作り方】

ステップ1:レモン1個を8等分にカットする
ステップ2:氷を入れたグラスに連続式蒸留焼酎を注ぐ
ステップ3:グラスのふちからゆっくり炭酸水を加える
ステップ4:マドラーでグラスをひと回しする
ステップ5:好みの数だけレモンを絞ってそのままグラスに入れる

美味しく仕上げる大前提は、良質なレモンを使うことだ。ワックスが塗られていない国産レモンが適している。連続式蒸留焼酎と炭酸水の割合は4:6を目安にするとよいが、好みで調節してかまわない。

結論

以上、オリオンビール株式会社による「natura WATTA(ナチュラワッタ)レモンサワー」の魅力をお伝えした。新商品は2021年6月22日(火)から発売される。素材にとことんこだわったレモンサワーの本格的な味や香りを楽しみながら、爽やかな夏を過ごしてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年6月 7日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング