このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
自分好みのカレーに!「スパイスミックス」で辛みと香りをUP

自分好みのカレーに!「スパイスミックス」で辛みと香りをUP

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年7月29日

多彩なアレンジでカレーの魅力を引き出すハウス食品の「カレーパートナー」に新商品が登場! 家族で食べるカレーでも、自分が好きな味付けに調整できる。早速、「スパイスミックス<辛みアップ><香りアップ>」の詳細情報をお届けしていこう。

  

1. 「スパイスミックス<辛みアップ><香りアップ>」が新発売

家族にカレーを作るとき、味付けの問題で悩んだことはないだろうか。甘くないと食べられない方がいる一方で、とことん辛さにこだわる本格派もいる。しかし、子どもの味覚にあわせてカレーを作ると、大人は物足りなさを感じてしまうことも少なくない。そのような悩みを解決してくれるのが、ハウス食品から新発売される「スパイスミックス<辛みアップ><香りアップ>」だ。

普段食べているカレーの辛さや香りをさらに引き出してくれる調味料である。「辛みアップ」は唐辛子と胡椒の刺激的な辛みをもたらし、「香りアップ」はカルダモンやローストクミンによる豊かな香りを楽しめる。内容量は1皿分×6袋となっており、参考価格は135円(税別)だ。

2. 「カレーパートナー」のブランドを紹介

多彩なラインアップを楽しめる「カレーパートナー」。「肉旨みペースト」は、ルウや野菜と一緒に煮込むだけで、牛肉の旨味やコクをプラスできる。「フルーツチャツネペースト」は、5種類の果実(りんご・レーズン・パイナップル・レモン・バナナ)によって、カレーに深いコクをもたらしてくれる。

お肉の臭みが気になる方には「ブーケガルニ」がおすすめだ。ローリエを中心にブレンドされており、カレーの香りを豊かに仕上げる。カレーに辛みを加えたいときには、お好みでかけられる「辛味オイル」も便利だ。ワンプッシュボトル入りなので、気軽に導入しやすい。日ごろのカレーに物足りなさを感じる方は、ぜひ「カレーパートナー」のラインアップを確認してみてはいかがだろうか。

3. 知って得する!カレーアレンジ術

カレーのアレンジ術として知っておきたいのが、すりおろしニンジンを隠し味にする方法だ。にんじんは、具材として利用するのが一般的だが、糖度が高いことから甘味を加えるのに適している。にんじんが嫌いな子どもでもおいしく食べやすい方法なので、子育て中の方にも役立つ技だろう。

辛いカレーを求めるのであれば、調味料にもこだわってみたい。黒胡椒をたっぷりふりかければ、スパイシーかつ爽やかな風味をもたらせる。汗をかくくらいストレートな辛さを好むなら一味唐辛子も候補となる。そのほか意外なアレンジ術として、カレーに酢を入れる方法も見過ごせない。コクをプラスできるだけでなく、お肉をやわらかくする役目も果たしてくれる。さまざまなアレンジ術を試して、カレーをおいしく食べる方法を追求してみよう!

結論

以上、「スパイスミックス<辛みアップ><香りアップ>」の特徴に始まり、カレーのアレンジ術もお伝えした。カレーは、あらためてアレンジしがいのある料理であると実感した方もいたのではないだろうか。自分好みのおいしいカレーをこの夏も楽しんでいただきたい。
  • 更新日:

    2021年7月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング