このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
累計出荷総数1億6000万食超!世田谷自然食品「おみそ汁」人気の理由

累計出荷総数1億6000万食超!世田谷自然食品「おみそ汁」人気の理由

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年8月28日

株式会社世田谷自然食品(以下、世田谷自然食品)は健康補助食品や自然派食品などの通信販売で知られている。その人気商品、「おみそ汁」の累計出荷総数が1億6000万食を超えた。その人気と理由と、毎日の味噌汁がもっとおいしくなる豆知識をご紹介しよう。

  

1. フリーズドライ部門で一番人気!「おみそ汁」とは?

世田谷自然食品「おみそ汁」3つの特徴

素材本来の味が楽しめる10種の味わい

「おみそ汁」は世田谷食品のフリーズドライ部門の一番人気だ。お湯を注ぐだけで、簡単においしいおみそ汁が味わえる。素材本来のうまみを感じられるやさしい味わいで、メニューは10種類。毎日食べても飽きが来ないのが魅力だ。

具材に合わせて味噌や出汁をブレンド

「おみそ汁」に使われている味噌は豆味噌、米味噌、麦味噌の3種類。さらに出汁はかつおだしをベースにしいたけ、昆布、煮干しなどを使用している。具材ごとにこれらの味噌や出汁を組み合わせ、黄金比率でブレンドすることで素材本来のおいしさを最大限に引き出しているのだ。

食べたいときにすぐ本格の味を楽しめる

「おみそ汁」はフリーズドライ製法で作られている。素材を凍らせたまま真空状態で乾燥させることで、熱による影響を少なくできるのが特徴だ。そのため具材の「色」「味」「香り」がしっかりと感じられ、お湯を注ぐだけでできたてのおいしさを味わえる。その味は大阪「割烹味菜」店主・坂本晋氏や京都「日本料理とくを」の徳尾真次氏も太鼓判をおすほどだ。

2. 毎日楽しめる!豊富なラインナップ

「おみそ汁」のラインナップは10種類!

「おみそ汁」はそのおいしさもさることながら、10種類の豊富なラインナップも大きな魅力だ。
  • ほうれん草
  • 絹さや
  • 長ねぎ
  • なす
  • とうふと小松菜
  • なめこ
  • もずくとめかぶ
  • かき卵
  • 豚汁
  • キャベツ
さらに具材に合わせて白みそ、赤だし、合わせみそと仕立てを変えてある。これだけの味噌汁を毎日家庭で用意するのはなかなか骨が折れる。それがお湯をそそぐだけで楽しめるというのはありがたい。普段使いやちょっとした贅沢、手土産などユーザーは様々なシーンで活用しているようだ。

「おみそ汁」には減塩タイプもある!

日本人の食卓に欠かせない味噌汁。「毎日飲みたいけれど塩分が気になる...」という人には、「減塩おみそ汁」がおすすめだ。おいしさはそのままに塩分を25~35%カット。(1食当たりの推定値)出汁にこだわったからこそ、これだけ塩分をカットしてもおいしさと満足感をしっかり味わえる。

3. 味噌汁に関する豆知識

味噌汁とは?

味噌汁は出汁に味噌をといて作る料理だ。出汁は味噌汁の奥行きのある味わいに欠かせないもので、湯に味噌をといただけでは作り出せない。

出汁は鰹、昆布、煮干しを使ったものが主流だが、家庭や地域によって組み合わせや素材は異なる。

味噌は大豆から作られることで知られるが、具体的には大豆に麹菌と塩をまぶして潰し、寝かせて発酵させることで作られる。麦麹を使うと麦味噌、豆麹を使うと豆味噌になる。最もシェアが多いのが米麹から作られる米味噌である。

さらに、味噌は大豆を主原料とするため、タンパク質やビタミン、食物繊維などが豊富なのが特徴だ。さらに発酵する過程でヒトのカラダに欠かせないアミノ酸が多く生成され、栄養素も効率的に吸収できるようになる。

そんな味噌のチカラを取り込める味噌汁は、まさに日本古来のスーパーフードといえるだろう。

長ネギのおいしい使い方

味噌汁の定番具材・長ネギ。実は使う場所や切り方を変えることで様々な味わいが楽しめることをご存じだろうか。長ネギを4つのパーツに分けてご紹介しよう。

白い部分の下部(根元)

甘みがあり、肉厚で火を通すととろみのある食感がでるのが特徴。輪切りにすると外側の歯ごたえと内側のとろみがおいしい。外側を千切りにすればハリのある食感を楽しめる。

白い部分の上部

全体的に柔らかく、辛味、甘み、香りのバランスが良いのがこの部分。薄い斜め切りにすることでシャキッとした食感とバランスの良い味わいを楽しもう。

白と緑が混ざる分岐の部分

青い部分の辛味と白い部分の甘みが混在する部分。内側にワタがあるため、ざっくり切っても柔らかい食感が楽しめる。繊維に沿って長めの縦切りにすることで個性的な味わいの味噌汁に仕上がる。

緑色の葉身の部分

辛味が強く、薬味に最適な部分。縦切りや斜め切にすることで存在感のある具材になる。辛味を活かしたい場合は内側のワタを削り取るのもおすすめだ。

結論

味噌汁を飲むと、気持ちが落ち着くという人は少なくないだろう。最近味噌汁を摂れていない人も、毎日手作りしている人も、世田谷自然食品の「おみそ汁」で、手軽に本格派の味噌汁を楽しんでみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年8月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング