このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
段ボールを括るときガムテはOK?NG?”勘違いしがち”な段ボールの処分方法を解説

段ボールを括るときガムテはOK?NG?”勘違いしがち”な段ボールの処分方法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月23日

ネット通販の利用頻度が高い人は、自宅に梱包用のダンボールがたまりがちではないだろうか。さまざまな捨て方があるが、不要な物は正しく処分したいものだ。ダンボールを正しく捨てることの重要性や、適切な処分の方法を解説する。

  

1. ダンボールを正しく捨てることの重要性

段ボール
ダンボールは、主に古紙と木材(パルプ)からできている。また製造時に使用される糊はコーンスターチが原料となっており、これらはいずれも天然素材だ。
日本では現在、年間に130億平方メートル以上のダンボールが生産されている。この原料をすべて天然素材でまかなおうとすると、いつか資源が底をつきてしまうだろう。
環境を守るためにも、ダンボールは正しい方法で処分すべきなのだ。

2. ダンボールの適切な処分方法

段ボール
ダンボールを含め、再利用できるごみは基本的に「燃やすごみ」には出してはならない。ただしニオイや汚れがあり、再利用が難しいダンボールは例外である。
自治体のルールを確認した上で、正しく処分しよう。ほかにも古紙回収業者や、不用品回収業者に依頼するのも一つの方法だ。引越しをともなう場合は、引越し業者に依頼するのもよいだろう。

3. ダンボールの適切なまとめ方は?

段ボール
複数のダンボールを捨てる場合は、まとめ方にも気をつけてほしい。
自治体のルールを確認すると、多くの自治体が紐を推奨しているはずだ。指定されている場合を除き、ガムテープの使用は避けた方がよいだろう。

結論

ダンボールは天然素材でできており、正しく捨てれば再利用できる。お住まいの自治体のルールを確認し、適切な方法で処分していただきたい。まとめ方についても、あわせて確認が必要だ。
ニオイや汚れがついたダンボールは、燃やすごみとして捨てることもあるので注意しよう。
  • 更新日:

    2022年4月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧