このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウインナー

【そのまま食べるのはNG?】ウィンナーは加熱せずに食べても大丈夫か?!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月29日

朝食やお弁当のおかずに最適なウィンナー。焼いたりゆでたりするだけで食べられる手軽さや、ジューシーな味わいが人気の秘密のようだ。今回はそんなウィンナーに焦点を当てて、ソーセージとの違いや食べるときの注意点などを解説する。

  

1. ウィンナーとソーセージの違い

ウインナー
ソーセージとは牛肉や豚肉を細切れにして、香辛料と合わせて薄い膜に包んだ食品のことだ。実は、ウィンナーはソーセージの一種なのである。
ウィンナーは塩漬けにした牛肉と豚肉を、香辛料と練り合わせて動物の腸袋に詰め、ボイルもしくは燻煙して製造される。日本農林規格によると、「羊の腸袋を使った、太さ20mm以下のもの」をウィンナーと呼ぶらしい。
日本ではウィンナーとソーセージを同じものだと認識する人が多いようだが、実はこのような違いがあるのだ。

2. ウィンナーはそのまま食べられる?

ウインナー
多くのソーセージと同じように、ウィンナーも製造過程で加熱が施されている。そのため、加熱せず食べても健康を損なう心配はない。
しかしほとんどのメーカーでは、おいしく食べるために加熱を推奨している。また、生ウィンナーや無えんせきのウィンナーなどのパッケージには「必ず加熱してください」と記されているはずだ。食べる前に確認してみよう。

3. ウィンナーを加熱せず食べるときの注意点

ウインナー
ウィンナーをそのまま食べるときに、注意してほしいのが賞味期限だ。
たとえ加熱が必要ないように製造されていても、ご家庭で長期間保存していれば品質は徐々に悪くなるだろう。開封済みのウィンナーであればなおさらだ。
賞味期限を過ぎていなくても、見た目や香りに変化がある場合はよく加熱して食べよう。子どもやお年寄りはとくに注意してほしい。

結論

多くのウィンナーは、加熱しなくても食べられる。しかし食感やジューシーな味わいを楽しみたい人には、焼いたりゆでたりすることをおすすめする。
食べるときはパッケージの表記を確認し、加熱が必要な場合や賞味期限が近い場合はそのまま食べないよう注意しよう。
  • 更新日:

    2022年4月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧