このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
リチウムイオン電池

【スマホの充電が持たないのは使い方のせい】やってしまいがちな寿命を縮めるNGな使い方とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月21日

スマートフォンやノートパソコンなど、多くの製品に搭載されているリチウムイオン電池。リチウムイオン電池の寿命についてはさまざまな説があるが、実際のところはどのくらい持つのだろうか。今回は、リチウムイオン電池の寿命や寿命を伸ばすコツを紹介する。

  

1. 寿命の目安は1年半〜2年程度

スマートフォンを操作する
リチウムイオン電池の寿命の目安は、1年半〜2年程度経つと劣化が見られるようになり、寿命が近づいてきたサインである。
スマートフォンを購入してから1年半〜2年程度経つと、電池の減りが早くなったと感じたことはないだろうか。
ただし、リチウムイオン電池の寿命は使い方や充電の頻度によって多少前後する。

2. リチウムイオン電池の寿命を縮める!NGな使い方

スマートフォンを充電する
リチウムイオン電池の寿命を縮めてしまう使い方を3つ紹介する。
1つ目は、満充電のままケーブルに接続し続ける行為だ。
また、バッテリー切れのまま長時間放置するのもリチウムイオン電池の劣化につながる。
一般的にリチウムイオン電池の温度が45度を超えると劣化すると言われているため、高温下で充電・使用は避けたい。

3. リチウムイオン電池の寿命を延ばすコツ

スマートフォンにケーブルを挿す
リチウムイオン電池の寿命を延ばす方法があれば、知りたいと思っている人が多いのではないだろうか。
まず、充電器は純正品を使うことが重要だ。
質の悪い充電器を使っていると、リチウムイオン電池が高温になるなどのリスクがある。
充電のタイミングについては、可能であれば常に20〜80%でキープしておくことを心掛けたい。
長期間使用しない場合は、過放電を防ぐために50%前後でキープするのが理想的である。

結論

今回は、リチウムイオン電池の寿命について解説した。
リチウムイオン電池は購入から1年半〜2年程度経つと目立つようになり、寿命が近づいてきたサインである。
使い方によっては劣化を最小限に抑え、寿命を延ばすことも可能だ。
この記事を参考に、リチウムイオン電池の寿命を延ばす使い方を実践してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年4月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧