このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
網戸

【外から見られてるよ?】夏場の開けっ放しの窓を目隠しする裏ワザとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月20日

夏の暑さ対策として、網戸を使用している家庭は多いのではないだろうか。ただ気軽に使える反面、日差しが直接差し込んだり、外から室内が見えてしまったりするのは気になるもの。そこで今回は、網戸を目隠しする方法を紹介する。

  

1. 網戸に目隠しをする効果とは?

太陽の光溢れる青空
網戸の目隠しで期待できる効果は、主に3点ある。
1つ目は、目隠しで日差しを遮ることにより、UVカットが期待できること。
紫外線により体調を崩しやすい人は、一度試してみてほしい。
そして2つ目は、外から見えにくくすること、3つ目は、虫の侵入を防ぐことが挙げられる。

2. 網戸の目隠しにはシートがおすすめ

網戸
網戸の目隠しにはさまざまな種類があるが、なかでもおすすめなのがシートタイプ。
目が細かいため、風は通しても、日差しや外からの視線をガードしてくれる。
設置方法は、網戸に直接貼りつけるタイプ、窓枠にマジックテープなどを取り付けて、着脱できるようにしたファスナータイプなどがある。

3. 網戸の目隠しシートの種類

窓に目隠しシールを貼っている
網戸の目隠しシートで主流なのが、網戸に直接貼るタイプ。
網戸とシートをマグネットや留め具などで固定するだけなので、簡単に設置することができる。
そのほかでは、網戸が破損していても設置できる、窓枠に貼るタイプもある。
目隠しシート以外では、100円ショップで手に入る窓用目隠しシートやカッティングシートで代用することが可能だ。

結論

ここまで紹介したように、網戸の目隠しシートにはいろいろなタイプがあり、状況に合わせて選ぶことができる。
また、目隠しするだけでなく、日差しを遮ったり、虫の侵入を防ぐなど、幅広い効果も期待できるので、一度検討してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年4月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧