このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
換気扇

トイレの換気扇はつけっぱが正解?気になる電気代も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月23日

トイレの換気扇はにおい対策に有効である。トイレの換気扇を短時間で入り切りする人もいると思うが、回し続けたほうがメリットが多い。今回は、トイレの換気扇を回し続けるメリットを解説していこう。

  

1. トイレの換気扇を回し続けるメリット

トイレ
トイレの換気扇を24時間つけっぱなしにすることで、トイレの嫌なにおいがこもりにくくなる。
もし短時間で換気扇を切ってしまうと、においを排出できずにトイレ内に残ってしまう可能性があるため要注意だ。
においだけでなく、ホコリや有害物質などを排出できるため、便器などが汚れにくく掃除が楽になるというメリットもある。

2. トイレの換気扇を24時間つけっぱなしにした時の電気代は?

お金と計算機
トイレの換気扇を回し続けることには、電気代がかかる、換気扇のこまめなお手入れが必要となるなどのデメリットもある。
その中で一番気になるのはやはり電気代ではないだろうか。
トイレの換気扇の消費電力は2〜3W程度で、1ヶ月の電気代の目安は約57.6円ほどになる。
1年間でも約691.2円なので、多くのメリットがあることを考えるとお得だと感じる人が多いかもしれない。

3. トイレの換気扇は定期的な掃除が必要

汚れたフィルター
トイレの換気扇にはホコリが溜まり、放置すると故障の原因にもなるため定期的な掃除が必要だ。
掃除の目安は1年に1〜2回程度をおすすめする。
まずは床に新聞紙を敷いて、カバーや内部の汚れを掃除機で掃除していこう。
その後、ウェットティッシュなどで拭き取り、乾燥したらカバーを元に戻して掃除完了だ。
使い捨てタイプの外付け防止フィルターをつけていくと掃除が簡単になるため、掃除が面倒な人は検討してみてはいかがだろうか。

結論

今回は、トイレの換気扇を回し続けるメリットや掃除方法を解説した。
電気代が気になる人もいると思うが、今回紹介したように電気代はそれほどかからず、メリットも多いため24時間つけっぱなしにしたほうがお得だ。
故障を防ぐためにも、定期的な掃除も忘れずに行いたい。
  • 更新日:

    2022年4月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧