このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
伊rといろなお酒

アルコール度数表記に【「度」と「%」ある】のはなんで?それぞれの違いをご紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月27日

焼酎やワインなど、お酒には欠かせないアルコール度数の表記。「〇〇度」と記されていることもあれば、「〇〇%」と表記されていることもあるこの違いは一体何なのだろうか。アルコール度数を示す単位に違いがある理由や、色々なお酒のアルコール度数を紹介する。

  

1. 「度」と「%」の違いとは?

いろいろなお酒
アルコール度数とは、お酒に含まれるアルコールの割合のことである。
日本酒や焼酎の表記は「〇〇度」であることが多く、ワインやビールは「〇〇%」と示されるのが一般的だ。
実はこの表記の違いに、特別な意味はない。「10度」も「10%」もお酒の強さは同じであり、全体量に対して含まれるアルコールの量を示している。
日本で誕生した日本酒や焼酎は「度」、海外発祥のお酒であるワインやビールは「%」で表記される傾向にある。ただ特別なきまりがあるわけではないので、例外もあることを知っておいていただきたい。

2. お酒の種類によってアルコール度数が異なる理由

お酒
お酒の種類によるアルコール度数の違いには、お酒の醸造方法が関係している。
発酵後に蒸留させたり、発酵をどんどん進めたりすることでアルコール度数は高まるのだ。
ただ、無理に発酵を進めると原料の旨みが薄れることがある。ビールと同じ麦を原料とするウイスキーに、麦の風味があまり感じられないのはウイスキーが蒸留酒であるためだ。

3. 色々なお酒のアルコール度数を紹介

瓶を手にとっている
お酒の種類が同じだからといって、アルコール度数も同じとは限らない。
同じ飲料メーカーでも、4.5%〜8%の間で4種類ものビールが販売されている。
サワーやチューハイ、カクテルやハイボールのアルコール度数を見ると3%〜9%のものがほとんどだが、12%のチューハイも存在する。
一般的には、ビールや発泡酒のアルコール度数は5%前後の場合が多く、ハイボールは7%前後、ワインは12%前後のものが多いだろう。
だが先述したように、銘柄によってアルコール度数は異なることを知っておいてほしい。

結論

アルコール度数は、お酒の銘柄などによってそれぞれ異なる。お酒を購入する際は、アルコール度数を欠かさずチェックしよう。
お酒を飲むときは、飲みすぎに注意しながら適度に楽しむことが大切だ。お酒に弱い体質の人は、とくに気をつけよう。
  • 更新日:

    2022年4月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧