このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ボールペン

【一瞬でボールペンインク復活…】身近にあるもので簡単に復活させる方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月28日

インクが残っているにもかかわらず、ボールペンが使えなくなった経験はないだろうか。対処法をいくつか紹介するので、捨てる前にぜひ試してみてほしい。どれも身近にあるもので簡単にできる方法だ。ボールペンの適切な保管方法もあわせて解説する。

  

1. ボールペンのインクが出ないときの対処法

ボールペン
ボールペンのインクが出なくなったら、まずはペン先を確認しよう。ペン先にゴミが固まっていると、インクが出にくいことがある。そんなときは、目が細かいスポンジ状のものにペン先を挿して回転させてみてほしい。
また、ティッシュペーパーを4枚程度重ねて広げ、その上でペン先を回転させてみるのもおすすめだ。ティッシュペーパーの摩擦で、インクが復活する場合がある。
その他、ペン先を温めるのも一つの方法である。指先でペン先を数秒間つまんでみよう。ドライヤーやストーブの熱は、ボールペンが変形する恐れがあるので使用を避けていただきたい。

2. ボールペンの上手な使い方

ボールペン
ボールペンは、ペン先のボールが回転することでインクが供給される仕組みだ。
使うときは、ボールペンを寝かせず立ててみてほしい。過度な力が加わらなくなり、ボールペンへの負担が軽減されるだろう。
また筆記するときに、デスクに手首と小指だけをつけるよう意識すれば手が汚れるのを防ぐことができる。インクのこすれや手の汚れが気になる人は、ぜひ試してみてほしい。

3. ボールペンを保管するときの注意点

ボールペン
気温や湿度が高いところでボールペンを保管すると、インクが出なくなることがある。気温が低すぎても、インクに粘り気が出るため注意が必要だ。
ボールペンを少しでも長持ちさせるために、車の中や直射日光が当たる場所を避け、横に置いて保管しよう。

結論

ボールペンのインクが出なくなったときは、ティッシュペーパーや指先を使ってインクの復活を試みよう。ペン先についたゴミを取り除くだけで、インクが出るようになることもある。
使い方や保管方法も、あわせて確認してほしい。過度な低温や、高温多湿を避けて保管することが大切だ。
  • 更新日:

    2022年4月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧