このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
傘

「これで傘を盗まれなくなった!」傘の取り違いや盗難を防ぐ超簡単な方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月28日

梅雨の季節や夏場に活躍する、雨傘や日傘。傘を持ち歩くときに気を付けたいのが、取り違えや盗難だ。大切な傘を守るために欠かせないのが、ズバリ「目印」である。今回は、傘に目印をつける必要性やおすすめのアイテムを紹介する。

  

1. 傘に目印を付ける必要性

傘
コンビニや飲食店の傘立てを利用すると、退店時に自分の傘がわからなくなりがちだ。悪気がなくても、他人の傘をうっかり持ち帰るケースもあるだろう。
ビニール傘であれば、紛失しても大きなショックはないかもしれない。しかし高級な傘や、プレゼントでもらった傘であれば話は別だろう。
こうしたリスクを低減させるために、傘への目印をぜひ付けていただきたい。

2. 目印が必要な傘とは?

傘
個性的なデザインの傘であれば、取り違えや盗難の可能性は低いかもしれない。しかし少しでもご自身の傘を守りたいのであれば、目印を付けるに越したことはないだろう。高級な傘も同様である。
ビニール傘には、ぜひ目印を付けてほしい。ドラッグストアやコンビニで手軽に買えるビニール傘は、必然的に類似することが多いためだ。

3. 傘に目印を付けるためのおすすめのアイテムとは?

傘
手持ちのペンやシールで目印を付けるのも、一つの方法だ。
しかし、見た目のオシャレさに欠けると感じる人もいるだろう。
そんな人におすすめしたいのが、HUKUROの「カサタグ」だ。レザー製で、傘の持ち手に取り付けるタイプになっている。
ほかにも清和産業の「傘杖ぴたっシュ」やBEE&BLUEの「アンブレラハンガー」というアイテムが挙げられる。これらは傘の目印だけでなく、デスクに引っ掛けて簡易的な傘立てとしても使える優れものだ。
傘のデザインや用途に合ったアイテムを選ぼう。

結論

たとえ思い入れがない傘でも、取り違えや盗難に遭うと雨の日に濡れて帰ることになる。そんなトラブルを避けるために、傘には目印を付けよう。
他人の傘をうっかり取り違えないためにも、自分の傘だとわかるようにしておくことが大切だ。
  • 更新日:

    2022年4月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧