このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
綿棒と耳かき

【耳掃除が必要ないってほんと?】耳垢の対処と正しい知識を身につけよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月29日

子どもの頃、定期的に耳掃除をしてもらっていた人は多いはず。しかしその一方で「耳掃除は必要ない」という話を聞いたことはないだろうか?実はその話は間違っていない。耳垢は、耳の健康を守るための重要な役割を果たしているのだ。耳掃除の必要性や、耳垢が果たす役割を解説する。

  

1. 耳掃除は本当に必要ない?

耳掃除
耳垢は、時間の経過によって体外へ排出されると言われている。肌のターンオーバーと同じようなものだ。
たとえ耳がかゆいと感じることがあっても、耳掃除をしないこととは基本的に無関係である。むしろ、耳掃除のしすぎや強い刺激を与えることが炎症の原因になりうるのだ。
耳が健康な状態である限り、定期的に耳掃除をする必要はない。

2. 耳掃除の最適な方法や頻度

綿棒
耳掃除はしても構わないが、1ヶ月に1〜2回程度にとどめよう。
耳の奥の汚れを取り除くというよりは、綿棒で耳の入り口を軽く拭き取るのがよい。耳に強い刺激を与えないよう注意が必要だ。
ご自身の手入れ方法に自信がない場合は、耳鼻科を受診するのも一つの方法である。実際に、耳掃除をしてもらうために通院している人も少なくないようだ。

3. 耳垢はただの老廃物ではない

耳掃除
耳垢は、耳の健康を守るために重要な役割を果たしている。
耳の中の乾燥や、ウイルスの侵入を防いでくれるのだ。また耳垢があることで、耳の内部に虫が入り込みにくくなる。
このように耳垢は、さまざまな役割を果たしている。そのため、耳掃除で無理に取り除く必要はないのだ。
どうしても気になる人は、耳の入口に溜まった耳垢だけ取り除くようにしよう。

結論

耳掃除で大きな耳垢が取れると、なんとなくスッキリとした気分になるかもしれない。しかし耳垢を取り除くことで、耳の健康が損なわれるかもしれない。
耳垢は、できるだけ自然に排出されるのを待とう。耳掃除をしないことに抵抗がある人は、手入れの回数を減らすだけでもよい。
耳垢の正しい知識を身につけて、耳の健康を保っていただきたい。
  • 更新日:

    2022年4月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧