このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カラフルなペットボトル

【ペットボトル使いまわしは危険すぎ?】危険性やそれに伴う症状とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月 1日

ペットボトルの飲料水を購入した後、洗って再利用している人は少なくないだろう。再利用すればエコで節約にもなるが、実は危険性があることをご存じだろうか。今回は、ペットボトルの使いまわしに伴う危険性について解説していこう。

  

1. ペットボトルの使いまわしが危険な理由

ペットボトル
ペットボトルを使いまわすことは、危険と隣り合わせであると理解しておこう。
ペットボトルに一度口をつけた時点で、多くの細菌が飲み口に付着し、内部にも入っているからだ。
一度入り込んだ細菌は時間の経過とともに増加していくため、ペットボトルは大変不衛生な状況となる。
ペットボトルは一度使ったら廃棄することをおすすめしたい。

2. ペットボトルの使いまわしは食中毒の原因にもなる

腹痛
続いては、ペットボトルの使いまわしがどのような症状を引き起こす可能性があるのかを解説していこう。
1つ目は、雑菌の増殖によって下痢や嘔吐を引き起こす可能性だ。
そして2つ目は、菌の増殖が原因で食中毒になる可能性である。
日数が経過したペットボトルの水を飲むことで食中毒のリスクが高まるため、1日以内に飲み切ることを徹底したい。

3. カビの発生や破裂のリスクもある

つぶされたペットボトル
ペットボトルの使いまわしには、まだまだリスクがあることをご存じだろうか。
ペットボトルは細菌だけでなくカビが発生することがあり、時間の経過に伴いカビは成長し続ける。
想像するだけでゾッとした人もいると思うが、使いまわしを避け、飲みかけは冷蔵庫に保存すればカビの発生は防げるので安心してほしい。
また、細菌の増殖によってペットボトルが破裂する可能性もあるため注意しよう。

結論

今回は、ペットボトルの使いまわしに伴う危険性について解説した。
ついやってしまいがちなペットボトルの使いまわしだが、細菌が増殖して下痢や食中毒を起こす可能性があるため注意したい。
ペットボトルの飲料水は1日以内に飲み切り、使いまわしはしないことをおすすめする。
  • 更新日:

    2022年5月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧