このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハンバーグ弁当

「この発想、天才か」【お弁当のおかずの下にパスタ】が敷いてある理由。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月 2日

コンビニやスーパーでお弁当を買うと、おかずの下にパスタが敷いてあることが多い。中にはパスタは不要だと感じる人もいると思うが、実はおかずの下にパスタが敷いてあるのには納得の理由がある。今回は、お弁当のおかずの下にパスタが敷いてある理由を解説していこう。

  

1. おかずを固定して、お弁当容器を保護する

並んだお弁当
お弁当のおかずの下に敷いてあるパスタには、ハンバーグやから揚げなどのおかずを固定する役割がある。
お弁当容器におかずをそのまま入れると、運送中や店頭に並べる時におかずがズレてしまう。
パスタをクッション代わりにすることでおかずの偏りを防ぎ、見た目のよさをも維持できて一石二鳥だ。
また、パスタがクッションになることでお弁当容器を保護する役割も期待できる。

2. ソースを絡めて最後まで飽きずに食べられる

パスタ
お弁当容器にハンバーグなどのソースが残り、もったいなく感じた経験はないだろうか。
ソースはそのままでは食べにくく、かといって残すのも気が引ける。
パスタが入っていれば、パスタにソースを絡めながら最後まで無駄なく食べられる。

3. 健康が気になるなら一工夫を

シャケ弁当
忙しくてスーパーやコンビニのお弁当に頼ることが多いものの、「健康によくないのでは」「カロリーが高すぎる」と不安になっている人もいるだろう。
健康が気になる人は、お弁当選びや食べ方を一工夫してみよう。
丼や麺類などの単品メニューは栄養が偏りやすいため、さまざまなおかずが入った幕の内弁当をおすすめしたい。
ご飯が多いと感じた場合は残す勇気も必要だ。
また、塩分が気になる人は残すか食べても半分程度に抑えることをおすすめする。

結論

今回は、お弁当のおかずの下にパスタが敷いてある理由について解説した。
パスタはただの飾りではなく、おかずを固定し、ソースを絡めて最後まで飽きずに食べられるなどのメリットがある。
後半では健康が気になる人に、お弁当選びや食べ方のポイントも紹介した。
スーパーやコンビニでお弁当を購入する機会が多い人は、ぜひ参考にしてみてほしい。
  • 更新日:

    2022年5月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧