このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネジ

穴が完全につぶれた『ネジ穴』を復活させる方法。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月 9日

家具の組み立てなどを行う際に、ネジ穴の溝がなくなってしまった経験はないだろうか。力の入れすぎや、ネジのサイズと合わないドライバーを使うなど原因はさまざま。今回は、知っていると役立つ、ネジ穴がつぶれてしまったときの対処法を紹介する。

  

1. ネジ穴のつぶれが軽度なら輪ゴムや滑り止め液を使う

ネジとプラスドライバー
ネジの穴がつぶれそうなのを見つけたら、いったん作業の手を止めよう。早い段階であればネジとドライバーの間に幅広タイプのゴムを挟み、摩擦を利用してゆっくり回しながらしめる。また、ネジ穴専用の滑り止め液なども売られているので、サイズの違うドライバーを使用するときや、材質が固いものにネジを使用する際にも役に立つだろう。

2. ネジ頭がつかめる場合はペンチを使って回す

工具
ネジ頭がつかめるほど出ていれば、ペンチやプライヤーなどの工具で回すことが可能だ。工具でネジを垂直に挟み、ゆっくりと回しながらしめる。ネジ穴がつぶれる原因のひとつは「カムアウト」と呼ばれ、回す際にドライバーの先端が浮き上がってしまうのだ。ネジを回す際は垂直にドライバーを差し込み、7割の力加減で押し付けながら回していくことを心がけよう。

3. ネジ穴が完全につぶれたときはネジ穴を復活させる

電動ドライバー
完全にネジ穴がつぶれてしまったときは、ネジ穴を復活させる必要がある。電動ドライバーがあれば専用のビットで簡単にネジを取り出すことが可能だ。電動以外にもネジ外し用のビットを使用し、ハンマーでたたきながら新たな溝を作ることで、ネジをゆるませて取り出す方法などもある。

結論

輪ゴムから専用の工具まで、ネジ穴に関する困ったときの対処法を紹介した。DIYブームで、専用工具も手に届きやすい値段で売られているものも多い。これまであきらめていたネジの修復や、お家時間を楽しむDIYの際には、もしもに備えて対処法を覚えておいていただきたい。
  • 公開日:

    2022年5月 5日

  • 更新日:

    2022年5月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧