このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
臭がってる黒いTシャツの人間

カメムシと遭遇したらどうすればいい?イヤ~なニオイを一発で落とす簡単な方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月 6日

真冬を除いてほぼ年間通して見られるカメムシだが、厄介なのは駆除する際に発する「超強烈な悪臭」だ。今回は洗濯物や手に付いた場合の対策をはじめ、カメムシを寄せにくくする対策を紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

  

1. カメムシの好む環境とは?

調べる人
まずはカメムシの生態を知ろう。
刺激やストレスを受けると悪臭を放つため、叩くのはもちろん掃除機で吸い込むのもNG。
白色と適度な温度を好むので、白い洗濯物を干しているとカメムシが飛んでくる確率が高い。幅広い農作物や植物を好むため、家庭菜園をしている方は要注意だ。

2. カメムシに出会ったら?

スプレーをシューっと
どのように駆除していけばいいのか、シーン別に解説する。
洗濯物に付いた場合は、冷却成分で仕留められるスプレーを使用する。予め忌避剤を置いておくのもいいだろう。
植物には農薬を使うのがおすすめだ。ただし、使用量を守り安全に使用してほしい。家の中では冷却成分、または殺虫成分のあるスプレーで駆除しよう。
大量に発見した場合は燻煙剤の使用の検討を。

3. 刺激を与えてしまって悪臭が!

オリーブオイル
カメムシのにおいがついた後の対処法を紹介する。
手や指にはオリーブオイルを数滴たらし、こすってから石鹸で手を洗おう。中性洗剤(食器用洗剤など)でも代用可能だ。洗濯物は界面活性剤を含む洗剤で洗い直せばOK。
また、アイロンやドライヤーなどの熱でにおいを飛ばすこともできる。
家の中は換気をしながら、柑橘系の消臭成分が含まれるスプレーを吹こう。徐々ににおいが減っていくだろう。

結論

カメムシ対策ではとにかく刺激を与えないようにすることが重要だ。カメムシと遭遇しても叩く、掃除機で吸い込むなどの方法はできるだけ避けてほしい。9月頃になるとカメムシが多く発生するので、早めに対策しておく必要があるだろう。刺激を与えてしまった場合は、今回ご紹介した方法を参考にしてほしい。
  • 更新日:

    2022年5月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧