このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
調味料

水道に流すの絶対ダメ?!知っておくべき『調味料』の正しい捨て方とは。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月12日

賞味期限が過ぎた調味料の処分方法をご存知だろうか。そのまま捨てる人もいるかもしれないが、適切に処分しないと、思わぬところに影響を及ぼしてしまうので注意が必要だ。今回は、調味料の種類別の処分方法を紹介するので参考にしてほしい。

  

1. 調味料を正しく処分しないとどんな影響がある?

シンク
まず挙げられるのが環境負荷の増大。
調味料は添加物や油分を含んでいるため、そのまま捨てると水質を悪化させてしまうリスクが増えてしまうのだ。
また、排水管が汚れる原因にもなるので注意しよう。

2. 調味料を捨てるための準備と用意しておくもの

新聞紙
捨てる対象になるのは、賞味期限が切れた調味料だが、賞味期限内であっても、明らかに変質しているものがあれば処分対象となるので分別しておこう。
用意しておくものは、新聞やキッチンペーパーなどで、ビニール袋があれば液状の調味料も簡単に処分できる。

3. 種類別調味料の捨て方

調味料
液状の調味料は、ビニール袋に新聞紙などを入れて、その中に入れること。
新聞紙に液体が染み込んだら、口をガムテープで止められればOKだ。
粘着性のある調味料は、新聞紙などに中身を出して包もう。
水分が多いものは、ビニール袋を利用すると漏れてこないので安心だ。

結論

調味料をそのまま捨てるのはトラブルの元になるので、正しく処分することが肝心。
調味料の種類が違っていても、今回紹介したような方法で処分すれば安心だ。
また、自治体のごみの出し方も確認して、ルールを守って処理しよう。
  • 更新日:

    2022年5月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧