このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タイヤ

愛車の『タイヤ交換』はコレで安くなる!意外と知らない節約術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月12日

タイヤは、使用しているうちにすり減る消耗品なだけに、安全のためには定期的な交換が必要だ。交換には費用がかかるが、やりようによっては出費を抑えることもできる。今回はタイヤ交換について、内訳から安く済ませる方法まで紹介する。

  

1. タイヤ交換にはどんな費用がかかる?

計算機と紙幣
タイヤを交換するには、タイヤ代はもちろん、さまざまな工賃がかかる。
主なものとして、バランス調整代、バブル交換代、窒素ガス充填代、タイヤ廃棄代がある。
それぞれ1本あたり300円から1,000円ほどだが、4本分となればそれなりの金額になることは覚えておきたい。

2. タイヤを持ち込んでの交換は安くなる?

タイヤ交換
タイヤを通販などで安く購入して、交換だけを依頼しようと考えている人もいるかもしれないが、気をつける必要がある。
交換を依頼する業者でタイヤも購入するのに比べ、前述の工賃が高くなるケースも多いのだ。
また、タイヤ持ち込みを受け付けていない業者もあるので、事前に調べておく必要がある。

3. タイヤ交換費用を抑える節約術

タイヤ
すでに紹介したように、タイヤを持ち込んでの交換が安く済ませるためのベストな方法だ。
確かに工賃は高くなるものの、タイヤを安く購入できれば、トータルでは費用を抑えやすくなる。
最近では、タイヤ持ち込みでの交換でも1本当たり2,000〜3,000円程度で請け負ってくれる業者もあるので、検討する価値はあるだろう。

結論

車を所有していれば、タイヤ交換は欠かせない作業。
安く交換する方法を有効活用したいところだが、何より安全が最優先だ。
メリット・デメリットをよく比較して、金額だけでなくトータルでベストな方法を採用しよう。
  • 更新日:

    2022年5月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧