このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フローリング

フローリングの黒ずみはゴッソリ除去できるって知ってた?一発で落とす掃除の裏ワザとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月15日

長年使ったフローリングには黒ずみが発生しやすく、しかも頑固で落ちにくい。見た目も悪く、衛生面も心配だと感じている人は多いかもしれない。フローリングの黒ずみの原因には、皮脂などの汚れ・黒カビ・飛び散った油汚れなどがある。今回は、フローリングの黒ずみを一発で落とす掃除の裏ワザを紹介していこう。

  

1. フローリングの黒ずみを落とす方法

床掃除
まずは、基本の掃除方法を紹介していこう。
皮脂や汗が原因の黒ずみなら、今から紹介する方法で落ちるケースが多い。
必要な道具はフロアワイパー・ドライシート・洗剤、雑巾2枚だ。
専用の洗剤を使うのが望ましいが、食器用中性洗剤を使う場合は水2リットルに小さじ1の割合で溶かして使用しよう。
まずは、ドライシートや掃除機をかけて隙間に入り込んだゴミもきれいに取りのぞく。
その後、洗剤と雑巾を使って黒ずみを落としていこう。
黒ずみが落ちたら、別の雑巾を水に濡らして洗剤を拭き取っていく。

2. 頑固な黒ずみには重曹やアルコール除菌スプレー

重曹
上記の方法では落とせない頑固な黒ずみには重曹がおすすめだ。
皮脂や油は酸性の性質を持つため、アルカリ性の重曹が力を発揮する。
水100mlに小さじ1の重曹を溶かし、布を浸して黒ずみをやさしくこすっていこう。
黒カビが原因の黒ずみには、アルコール除菌スプレーを使うのがおすすめだ。

3. フローリングの黒ずみを防ぐコツ

フローリングの部屋
フローリングの黒ずみは、ほんのひと工夫で防げることをご存じだろうか。
黒ずみの原因となる汚れを除去して置くことが重要なので、毎日フロアワイパーとドライシートで掃除をするのが効果的だ。
月に1度程度は水拭きをし、5年に1度程度はワックスを塗り替えることもおすすめしたい。
また、定期的に部屋の喚起をすることで黒カビの発生は防げる。
カーペットや布団に敷きっぱなしにせず、定期的に干すようにしよう。

結論

今回は、フローリングの黒ずみを一発で落とす掃除の裏ワザを紹介した。
今回紹介した方法で多くの黒ずみは落ちるが、それでも落ちない場合は掃除業者に依頼することをおすすめする。
掃除後は、毎日の掃除や換気をして黒ずみの再発を防ごう。
  • 更新日:

    2022年5月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧