このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコン

『アース』が付きの家電と付いていない家電の違いって?アースの意味は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月16日

アースにはどのような役割があるのかご存じだろうか。アース付きの家電もあれば、付いていない家電もありその差が気になっている方もいるだろう今回はアースの意味や役割、アース付きの家電と付いていない家電の違いなどを解説していく。

  

1. アース線の意味と役割

室外のアース
電気関係におけるアースには「接地」という意味がある。
一般的には、電気設備機器や電路などと地面を「電気的に接続すること」を指す。
家電に付いている緑や黄色などの線を「アース線」と呼び、コンセント側のアース端子に接続して使用する。
続いては、アース線の役割について簡単に解説していこう。
アース線には、漏電を起こしたり過電圧がかかったりした時に、コンセント側のアース端子を通じて電気を地面へ流す役割があるのだ。
アース線の取り付けを怠ると、感電や故障を招くことがあるため注意したい。

2. アースの接続が義務付けられている場所とは?

コンセントとアース
アース付きの家電と付いていない家電があるのは、アースの接続が義務付けられている場所があるからだ。
アース線の接続が義務付けられているのは、湿気が多い場所や水気のある場所である。
例えば、貯蔵庫・地下室・結露が起こりやすい場所などが対象となる。
一般家庭では、水気があり湿気が溜まりやすい場所で使うことの多い家電にはアースの取り付けが必要とされている。
具体的に挙げると、洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫などが該当する。

3. アース線が取り付けられない時の対処法

スマホを操作
最後に、アース線が取り付けられない時の対処法を紹介していく。
コンセントにアース端子がない時は、電気工事店などに依頼してアース線を新設・増設してもらおう。
賃貸物件に住んでいる方は、大家さんや管理会社に相談することをおすすめする。
アース線が短い場合は、継ぎ足しによる延長はおすすめできないため、長いアース線に付け替えたほうがよいだろう。

結論

今回はアースの意味や役割、アース付きの家電と付いていない家電の違いなどを解説してきた。
アース線の取り付けを怠ると、感電や故障の原因となるため注意しよう。
アースに関して悩んでいる方は、電気工事店などに相談・依頼するのが無難だ。
賃貸物件に住んでいる場合は、大家さんや管理会社に連絡をしよう。
  • 更新日:

    2022年5月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧