このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯ネット

『洗濯ネット』って実際どんな効果がある?知っておくべき効果と入れるべきアイテムとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月20日

日々の洗濯で利用する洗濯ネット。具体的にどのような効果があるのか、よく知らずに使っている人も多いのではないだろうか。今回は洗濯ネットを使う利点と、洗濯ネットに入れるべきアイテムの見分け方について解説する。

  

1. 洗濯ネットを使用するメリットとは?

洗濯ネット
洗濯ネットを使用する一番のメリットは、洗濯による衣類へのダメージを軽減することだ。
洗濯ネットを使わず洗った場合、洗濯物同士が絡み合うことで摩擦によるダメージが生じてしまう。
特に繊細な素材の衣類や、ボタンなどの装飾が多い衣服に関しては、型崩れをしたり飾りが取れたりするおそれがあるため、洗濯ネットの使用が必須だ。
他にも濡れた衣類同士を接触させないことで色移りを防止する効果や、毛の長い衣類などの糸くずが他の洗濯物に付着することを防ぐ効果もある。

2. 洗濯ネットに入れるべきアイテムって何?

洗濯カゴと洗濯物
それでは、具体的に洗濯ネットを使うべきアイテムとはどのようなものなのだろうか。
まず、製品のタグに洗濯ネット表記のある衣類は表示に従うことが基本だ。
それ以外には、シワになりやすい素材の衣類や、破れやすいタイツ・ストッキング類が挙げられる。
また、ボタンやビーズなどの装飾がついた衣服も飾りが取れないようにネットを利用することをおすすめする。
その他、ニットやセーターなども洗濯ネットに入れることで毛玉ができにくくなり、型崩れ防止も期待できる。

3. 効果的な洗濯ネットの使用方法

洗濯ネットと洗濯バサミ
ここからは洗濯ネットの効果的な使用方法について解説する。
まず、洗濯ネット1枚に対して入れる衣類は1着のみにしよう。
ネットに入れる際にはたたんで入れることが原則だが、汚れの目立つ衣服の場合、汚れを外側にしてたたむと洗浄力を損なわずに済む。
反対にボタンやレースなど飾りのついた衣類の場合は、装飾を内側にするように裏返しにたたむことで、よりダメージを防止できる。

結論

洗濯ネットには衣類のダメージ軽減や、型崩れ・色移りを防止する効果がある。
特に繊細な素材の衣類や、装飾のついた衣服はそのまま洗ってしまうと損傷の原因になる。
大切な衣類を長持ちさせるため、洗濯ネットを上手に活用しよう。
  • 更新日:

    2022年5月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧