このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タオルケット

タオルケットは週に1度は洗わないとダメ!実は危険な「洗わないリスク」って?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月11日

夏場に活躍するタオルケット。皆さんは、どれくらいの頻度で洗濯しているだろうか?汚れやニオイがなければ、洗濯の必要性を感じないかもしれない。しかしダニやホコリが付着したまま放置すると、健康を損なう恐れがあり危険なのだ。タオルケットを洗わないリスクや、洗濯するときのポイントを紹介する。

  

1. タオルケットを洗わないリスク

タオルケット
タオルケットの特徴は、吸湿性の高さだ。私たちが就寝中にかいた汗を吸収する役割を果たす。しかしホコリや小さなゴミがつきやすい素材のものが多く、目に見えないところで汚れが付着している。ダニやホコリがついたタオルケットを使用し続けると、アレルギー性結膜炎やアトピー症状を引き起こす可能性があり危険だ。自分や家族の健康を守るために、タオルケットは定期的に洗濯してほしい。

2. タオルケットの洗濯頻度や正しい洗い方

タオルと洗剤
タオルケットを洗濯する頻度の目安は、1〜2週間に1回だ。皮脂汚れを取り除くために、洗濯機で洗おう。時間に余裕があれば、汚れが付着しやすい首の部分などは先に手洗いするとよい。また必要に応じて、漂白剤や柔軟剤を適度に使用しよう。ただしタオルケットの種類によっては、洗濯機を使えない場合がある。洗濯表示を確認し、正しい方法で手入れしていただきたい。

3. タオルケットを手入れするときのポイント

洗濯機
タオルケットを洗うときに大切なのは、「よく乾燥させる」ということだ。水分が残っていると、ダニが残ったり生乾きのニオイが発生したりするリスクがある。洗濯したら2本の物干し竿を使い、風通しがよくなるようにして干そう。中には陰干しを推奨するタオルケットもあるため、洗濯表示を確認することが大切だ。またダニを完全に死滅させたい場合は、乾燥機の使用がおすすめである。

結論

使用後のタオルケットには、目に見えない汚れやダニがたくさん付着している。放っておくとアレルギー症状を引き起こす可能性があるため、1〜2週間に1回程度は洗濯しよう。正しく手入れし、自分や家族の健康を守っていただきたい。
  • 更新日:

    2022年6月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧