このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
左利き

アメリカでは左利きの割合が2%なのに、日本では左利きが10%以上いる理由って知ってる?意外すぎるその理由を徹底検証!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月20日

世界には左利きの人が一定数存在する。あなたの周りにも左利きの人がいるのではないだろうか。では、左利きの割合は人口に比べてどのくらいなのだろう。今回は、日本や世界の左利きの割合と左利きが一定数存在する理由を解説する。

  

1. 日本人の左利きの割合

左利き
右利きに変える文化があった戦前では約6.5%であった日本の左利きの割合は、現在約11%となっており、世界の左利きの割合よりも1%高い。
男女別の左利きの割合は、男性3.6%、女性2.7%となっている。左利きの人は右脳をよく使うため、右脳の発達を促す男性ホルモンであるテストステロンを多く分泌する男性のほうが、左利きになりやすいともいわれている。

2. 世界の左利きの割合とは

ベンチに座る3人
アメリカでは、利き手を変えることで子どもに悪影響を及ぼすとされ、左利きの割合はわずか1.8%。両利きが28%である。
イタリアは約5.8%が左利き。カトリックで左利きは禁忌とされており、右利きや両利きに変える人が多いようだ。
台湾は約3%。右利きに変える文化があるためではないかと考えられる。
香港は約9.7%。欧米の思想が根づき、無理に利き手を変えようとしていない可能性がある。

3. 左利きが一定数存在する理由

左利き
両親のどちらかが左利きの場合、子どもが左利きになる確率は17%。両親とも右利きであれば、子どもが左利きになる確率は10%だ。利き手は親の利き手に影響されることがわかる。
野球のトップ選手の約半数は左利きだという興味深いデータもある。敵と競争するスポーツでは不意をつく攻撃に有利であるため、左利きの割合が多いのではないかと考えられている。

結論

世界人口の約10%は左利きだ。遺伝や文化、家庭環境、人間同士の競争と協調のバランスなどにより、その割合は国ごとに異なる。いままでなんとなく不思議に思っていた左利きの不思議も、少し解消されたのではないだろうか。
  • 更新日:

    2022年6月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧