このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯機と洗濯物

月一で掃除しないと洗濯効果が下がるって本当?『洗濯槽』の掃除すべき頻度と正しい掃除方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月 7日

洗濯槽クリーナーは、主に塩素系と酸素系の2種類がある。重曹とクエン酸で代用することも可能だ。使い方やコツをふまえたうえでメンテナンスを行うと洗濯効果がアップする。洗濯槽クリーナーの種類や使い方について解説していこう。

  

1. そもそも洗濯槽クリーナーとは?

洗濯機
洗濯槽の洗浄に使えるのが洗濯槽クリーナーだ。洗濯機からにおいがしたり、洗濯物に汚れが付着したりする場合、洗濯槽にカビが繁殖している可能性がある。カビの原因となる水アカは、衣類の汚れ残りや溶け残った洗剤とともに洗濯槽裏にこびり付く。早めの対処が肝心だ。

2. 洗濯槽クリーナーの種類

洗剤各種
洗濯槽クリーナーには、3種類ある。
1.塩素系クリーナー
カビや水アカの汚れを溶かして落とす。除菌力が強く、手早くキレイにできるが、刺激は強い。
2.酸素系クリーナー
強い発泡力で、カビや水アカの汚れをはがして落とす。安全性が高いが、浮いてきた汚れを取り除く必要がある。
3.重曹、クエン酸を併用する
重曹は、皮脂による汚れや、ぬめりに働きかける。クエン酸は、除菌効果が期待できる。

3. 洗濯槽クリーナーの使い方

汚れた水色の洗濯槽
基本的な使い方は一緒だ。お湯を満水まで入れて、規定量の洗濯槽クリーナーを投入し標準コースで洗濯する。酵素系や重曹を使う場合は、一定時間放置して、浮き出たよごれをすくい取ろう。その後は、すすぎ洗いから脱水運転を行う。洗濯槽クリーナーの使い方は薬剤の種類によって一部異なるので注意が必要である。

結論

洗濯槽クリーナーには、それぞれ特徴があり使い方も異なる。塩素系は刺激が強く、すすぎを念入りに行う必要がある。酸素系や重曹は、浮き出た汚れを何度もすくいとる手間はかかるが、安全性は高い。重曹やクエン酸はエコ洗剤であるため安心して使用されたい方におすすめである。
  • 更新日:

    2022年6月 7日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧