このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
LED電球

LED電球はアレの危険性もあるって知ってた?意外すぎるLED電球のデメリットとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月21日

高性能で省エネな電球といえばLED電球だ。現在の主流といえるだろう。今回は、LED電球のメリット・デメリットや選び方について解説していこう。電球の交換を考えている方や、照明にこだわりたい方はぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. 照明の電気代が安い!LED電球のメリット

LED電球
LED電球は熱を持ちにくく、省エネで電気代が安い。そのうえスイッチを押して光るまでに時間がかかることが多い電球型の蛍光灯に比べ、即座に点灯する。またLED電球の光にはほとんど虫が寄ってこない。虫を誘引する紫外線がほとんど含まれていないからだ。長寿命でずっと使えることもメリットである。

2. 蛍光灯よりも重い?LED電球のデメリット

LED電球
LED電球は、白熱電球や電球型蛍光灯よりも価格が高い場合が多い。またLED電球は熱に弱く浴室など熱がこもりやすい場所は不向きである。おまけに電子回路を内蔵しているため重量があり、取り付ける際にバランスを崩したり、照明を落としたりしないように注意が必要だ。

3. LED電球の選び方!天井照明は念入りに選ぼう

LED電球
LED電球を天井の証明に取り付ける人も多いだろう。その際は、まず電球を接続する銀色の部分「口金」のサイズを確認しよう。一般的には26mm(E26)のものが多い。次に適切な光の広がり方と光を当てたい場所との位置関係を考慮しよう。光の色は、温かみのある電球色、自然な色の昼白色、青みがかった昼光色の3つがある。場所によって光の色を変えるとよいかもしれない。

結論

LED電球は長寿命で物持ちがよく、消費電力も抑えられるので節電効果が高い。一方で高熱に弱いなどのデメリットもある。LED電球を選ぶ際は事前にサイズや光り方を確認して、どのような雰囲気にしたいかをイメージしておくのがおすすめだ。
  • 更新日:

    2022年6月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧