このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
排水溝

排水口の汚れ防止に『アルミホイル』が活躍するって知ってた?意外すぎる使い方とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月 3日

トースターやオーブンを使用する際のシートや、おにぎりを包んだりするときに使う「アルミホイル」。実は料理以外に、排水口掃除でも一役買ってくれることをご存知だろうか?今回はアルミホイルの意外な使い方や、排水口をキレイにするメリットや掃除方法を紹介する。

  

1. 排水口をキレイにするメリット

排水口
まず、排水口をキレイにするとどんなメリットがあるのか紹介しよう。排水口は放置していると、雑菌が繁殖し悪臭やぬめりが発生する。また、ぬめりからゴミ受けや排水管のつまりに発展する可能性もあるのだ。排水口をキレイにすれば雑菌の繁殖を押さえられ、嫌なぬめりやつまり、悪臭まで防止できる。排水口の掃除をこまめに行い、キレイを保つよう心がけることが大切だ。

2. 排水口をキレイにする方法

排水溝の蓋を洗っている
アルミホイルはキレイな状態を長く保つためのアイテムであるため、まずは排水口をキレイに掃除する必要がある。排水口を掃除する際は歯ブラシやスポンジを使用し、排水口カバーや排水口の中の汚れを落とそう。さらにしっかり汚れを落としたい場合は、台所用漂白剤や、重曹とお酢を使うとよい。

3. アルミホイルの活用方法

アルミホイルを丸めている
アルミホイルの活用方法は、なんと丸めてゴミ受けに入れておくだけ。丸めたアルミホイルは水に触れると金属イオンを発生させる。この金属イオンには、ぬめりや悪臭防止の効果があるとされているのだ。排水口をキレイに掃除したら、丸めたアルミホイルをゴミ受けに入れよう。排水口の中へ入ってしまうと詰まりの原因となるため、十分注意していただきたい。

結論

排水口をキレイに保つためには日々の掃除は欠かせない。忙しい中で少しでも排水口の掃除の手間を減らしたいなら、アルミホイルに頼ってみよう。ゴミ受けに丸めて放り込むだけなので簡単だ。排水口のぬめりや悪臭で困っている方は、ぜひ試してみてほしい。
  • 更新日:

    2022年6月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧