このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ぼんじり

【ぼんじり】ってどこの部位か知ってる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月 6日

焼き鳥でおなじみの「ぼんじり」は、プリッとジューシーな食感で脂の旨みを堪能できるのが特徴だ。しかし、ぼんじりが鶏肉のどの部位なのか知らないという方もいるだろう。そこで今回は、ぼんじりの基本から家での美味しい食べ方について紹介する。

  

1. ぼんじりとは?

鳥の炒めもの
ぼんじりとは鶏一羽からごく少量しか取れない、しっぽの付け根部分のことだ。鶏肉の中でもとくに脂肪が多くついているが、よく動かす部分でもあり筋肉は引き締まっている。ぼんじりの名前の由来は、その部位がひな祭りのときに飾る「ぼんぼり」に似ていることから、ぼんぼりとお尻を組み合わせて「ぼんじり」になったとされている。

2. ぼんじりの美味しい食べ方

鳥の炒め物
ぼんじりを使った料理の定番といえば焼き鳥だが、カラッと揚げた唐揚げや炒め物などにしても美味しい。炒め物は長ネギと一緒に炒めて焼き鳥風にしたり、サッパリした味付けの柚子胡椒やおろしポン酢醤油で炒めたりするのもおすすめだ。

3. ぼんじりを家で楽しむ

焼き鳥
ぼんじりは普通のスーパーでは販売されていることが少ないため、オンラインショップなどで購入するとよいだろう。調理する際には、毛羽・中骨・油壷(あぶらつぼ)を取り除く下処理が必要になる。下処理をしないと食べにくかったり、嫌な臭みが残ったりするので必ず行うようにしよう。

結論

ぼんじりは、鶏のしっぽの付け根部分だ。焼き鳥にするのが定番だが、唐揚げや炒め物などのアレンジメニューを家で楽しむのもよいだろう。下処理が済んだぼんじりも販売されているので、気軽にチャレンジしてほしい。
  • 更新日:

    2022年6月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧