このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
真っ白な上履き

考えたヤツ天才。上履きを真っ白にする方法と正しい干し方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月 8日

子どもが持ち帰った上履きを見て、汚さに絶句した経験はないだろうか。子どもが長時間履いた上履きは、汗や皮脂がしみつき、黒ずみとなる。泥や土埃、給食の食べカスや飲みこぼしも付着してしまうのだ。今回は、これらの頑固な汚れの落とし方や、効率のよい干し方について解説していく。

  

1. 上履きの基本的な洗い方

靴を洗っている
埃やゴミを払ったら、上履きの表面の汚れをブラシで落とす。流水で濡らしたら、固形石鹸を上履きに直接こすりつける。液体洗剤の場合は、ブラシにつけてゴシゴシ洗おう。すすぎはバケツに溜めた水で大まかに。その後、流水でよくすすいでおこう。タオルで水気を取ったら、風通しのよい場所で乾燥させれば完了だ。

2. 上履きの頑固な汚れを落とすには?

洗剤
頑固な汚れには、オキシクリーンなどの酸素系漂白剤が有効だ。すすぎの段階までは、基本的な洗い方と同じ流れで構わない。お湯を注いだバケツにオキシクリーンを入れ、よく溶かしたら上履きを浸しておく。まずは20分からはじめ、30分おきに様子を見ながらオキシ漬けを進めよう。流水で入念にすすいだら、あとは乾かすだけだ。

3. 上履きの干し方のポイントは?

靴を陰干し
乾かし方の基本は、風通しのよい場所で「陰干し」だ。つま先部分を上に向け、斜めに立てかけておくと乾きやすくてよい。さらに乾きやすくするには、上履きの中にタオルを詰めておく方法も。タオルが水分を吸ってくれるのだ。エアコンやサーキュレーターの風で乾かすという裏ワザを活用してもよいだろう。

結論

上履きは毎週きちんと洗えば、基本的な洗い方でもキレイになるだろう。頑固な汚れが付着した場合には、オキシクリーンなどの酸素系漂白剤の使用もおすすめだ。上履きは洗濯機で洗うことも可能だが、洗濯槽にダメージを与えるなどリスクもある。脱水だけにとどめておくほうが賢明だろう。干し方にも気を配り、清潔な上履きを維持しよう。
  • 更新日:

    2022年6月 8日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧