このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
長ネギ

冷凍には思わぬメリットも!?『長ネギ』をたったのひと手間で長持ちさせる保存術!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月 9日

長ネギは傷みやすい野菜だが、工夫次第で鮮度を保ったまま長持ちさせることが可能だ。今回はそんな長ネギの保存法と保存期間を詳しく解説する。別の保存法として、保存食にする方法もあるのでぜひ参考にしてほしい。

  

1. 長ネギの保存期間は?

長ネギ
長ネギは、冬の場合常温で1週間程度保存できる。その場合、冷暗所で保存しよう。夏場は傷みやすいため常温での保存は避けてほしい。冷蔵庫での保存期間は1週間程度だが、新聞紙などに包んで週1回交換することで保存期間が長くなる。冷凍保存だと1ヶ月保存可能なので、使いやすくカットして生のまま保存するとよい。なお、カットせずに保存する場合は、鮮度を保つために立てて保存するのがポイントである。

2. 長ネギの保存方法

長ネギ
長ネギの保存方法は、常温・冷蔵・冷凍の3種類。常温保存なら、カットせずに新聞紙に包んで保存するとよい。冷蔵庫で保存する場合は、3等分に切ってから野菜室へ。このとき、立てて保存するのがポイントだ。また濡らした新聞紙やペーパータオルで根本を包むとより鮮度が保てるため試してほしい。ネギの青い部分は傷みやすいので、分けて保存するとよいだろう。そして、冷凍する場合は3等分したネギをラップに包んで保存袋に入れると1ヶ月ほど保存可能である。

3. 長ネギがメインの保存食は?

青ネギたっぷり塩ダレ
長ネギの保存法には、調理するやり方もあるので紹介しよう。

青ネギたっぷり塩ダレ

みじん切りにした長ネギ・顆粒中華スープの素、すり白ごま、ごま油、塩、水、片栗粉を耐熱容器に入れて600Wの電子レンジで1分ほど加熱して混ぜる。

ネギ味噌

小口切りにした長ネギ、味噌、みりん、酒、砂糖、すりおろし生姜、しょうゆを混ぜ合わせてからごま油を引いたフライパンで煮詰めたら完成。最後にかつお節を加えよう。

長ネギのオイルマリネ

小口切りにした長ネギに塩と酢を加え、熱したごま油をかける。

結論

長ネギは、そのままの状態で日もちしないが、ひと手間加えるだけで長持ちすることが分かった。今回紹介したようにひと手間かければ簡単に長く保存することができるので、上手に保存して美味しく長ネギを食べてほしい。
  • 更新日:

    2022年6月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧