このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
水垢

「まだお風呂掃除こすってるの?」お風呂の水垢を"こすらず"一瞬で落とす意外な裏ワザ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月14日

毎日お風呂掃除をしていても、気がつけば水垢が溜まっていた経験はないだろうか。お風呂掃除の度に、床やバスタブを力いっぱいこすらなくてはならず、ウンザリしている方もいるかもしれない。今回は、お風呂の水垢を一瞬で落とす3つの裏ワザを紹介していこう。

  

1. クエン酸を使った水垢の落とし方

汚れた蛇口
はじめに紹介するのは、クエン酸を使ったお風呂の掃除方法だ。水垢はアルカリ性の性質を持っているため、酸性のクエン酸を使えば汚れが中和されて落としやすくなる。手作りすればコスパがよく、環境にもよいためぜひ試してみてほしい。
クエン酸水の作り方は、スプレーボトルに水(200ml)とクエン酸(小さじ1杯)を入れて混ぜ合わせるだけである。水垢にキッチンペーパーを敷き、クエン酸水を多めに吹きつけよう。上からラップをしてしばらく放置したら、あとはラップとキッチンペーパーをはがしてスポンジで掃除するだけだ。

2. 酸性洗剤を使った水垢の落とし方

スポンジ
酸性洗剤もクエン酸と同じように酸性の性質があり、水垢落としに適している。水垢が気になる箇所に酸性洗剤をスプレーし、少し待ってからスポンジでこするだけでOKだ。市販の酸性洗剤には界面活性剤が入っている商品もあり、より汚れが落としやすくなっている。

3. 重曹を使った湯垢の落とし方

重曹
クエン酸や酸性洗剤を使っても水垢が落ちない場合は、湯垢がこびりついている可能性がある。湯垢は酸性なので、アルカリ性の重曹で掃除するのがおすすめだ。重曹と水を3:1の割合で混ぜて重曹ペーストを作り、気になる部分に塗ってからラップをしよう。しばらくしてからスポンジでこすると湯垢が落ちてくれるケースが多い。バスタブや小物の湯垢を落としたい時は、重曹を溶かしたお湯に浸け置きしておくのがおすすめである。

結論

今回は、お風呂の水垢掃除にはクエン酸・酸性洗剤・重曹の3つがおすすめだ。いずれもスーパーやホームセンターで手軽に購入できる。コスパもよいため、お風呂の水垢に悩んでいる方はぜひ試してほしい。
  • 更新日:

    2022年6月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧