このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯干し

洗濯物を干すスペースはコレで一瞬解決!?意外と知らない物干し台の選び方って?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月14日

物干し台には、形状や設置場所などにより、さまざまなバリエーションがある。今回の記事では、室内やベランダなど場所ごとにおすすめの物干し台を紹介する。干すスペースや量に適した物干し台を選ぶヒントにしてほしい。

  

1. 物干し台にはどのような種類がある?

ハンガーに干したワイシャツ
物干し台選びは、「どの場所に干すか」や「干す量はどのくらいか」など状況によって変わってくる。たとえば、干すスペースに余裕がないベランダなら、手すりに取り付けるタイプがおすすめだ。また干す量が多い場合は、干すスペースに余裕のあるものが適している。

2. 【室内用】に適している物干し台

洗濯干し
おすすめなのは折り畳み式の物干し台だ。干す時に設置して、干し終わったら片付けられるので室内でも邪魔にならない。窓枠に取り付けるタイプ、天井に取り付けるタイプも向いている。どちらもスペースが狭くても設置できるので、室内で干す場合にはうってつけだ。

3. 【ベランダ】に向いている物干し台

ベランダに布団を干している
ベランダも広くない場所なので、折り畳み式が向いている。ただ簡単に片付けられる分、風に弱いので注意が必要だ。ベランダの手すりに取り付けるタイプも、場所をとらずに干せるだろう。さらに高い場所に設置することで、太陽光に当たりやすく早く乾くという利点もある。

結論

物干し台は、自宅のどこに設置するのか、一度に洗濯する量はどのくらいかなどに気をつけて選ぶといい。室内なら、省スペースに貢献してくれる折り畳み式というように、その状況に適したものを選べば効率よく洗濯ができるだろう。
  • 更新日:

    2022年6月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧