このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯機

ちゃんと掃除しないとドロドロに…!洗濯機の『柔軟剤投入口』をピカピカにする方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月 9日

洗濯機の使用時、柔軟剤は専用の投入口に入れるのが一般的だ。投入口を使えば柔軟剤を適切に投入できるが、気づかないうちに汚れが蓄積されている。この記事では柔軟剤投入口の仕組みと掃除方法を併せて解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 洗剤と柔軟剤の投入口は別

洗濯物と洗剤
洗剤と柔軟剤は洗濯槽に入れるタイミングが異なるため、洗剤と柔軟剤の投入口は別になっている。洗剤で十分に汚れを落としてからすすぎの直前に柔軟剤を投入し、コーティングするのが正しい順番だ。柔軟剤を洗剤と一緒の投入口に入れたり、洗剤を落とす前に洗濯槽に入れたりすると、洗剤と混ざり柔軟剤の効果がなくなるので注意したい。

2. 「取り外せる」柔軟剤投入口の正しい掃除方法

汚れた洗剤トレー
柔軟剤投入口にたまった汚れを放置すると、カビの原因になったり柔軟剤が流れにくくなったりするので掃除も重要だ。
引き出しなどケースタイプの投入口は取り外せることが多いので、そのまま水で丸洗いしよう。カバーなど取り外せるパーツが付いている場合は外して掃除する。隅の汚れは、綿棒を使うと落としやすい。キレイになったら、柔らかい布で拭いて水気をとって完成だ。

3. 「取り外せない」柔軟剤投入口の正しい掃除方法

洗濯機
取り外せない投入口の掃除にはお湯を使用する。
1.40度のお湯(100ml)を柔軟剤投入口に入れて5〜10分ほど放置する
2.洗濯機のメニューを脱水に設定したら3分間ほど運転する
3.もう一度3分間の脱水を繰り返す
4.絞った布で柔軟剤投入口やその周りを丁寧に拭く
汚れが落ちないようなら、さらにもう一度40度のお湯を入れてから3分間ほど脱水しよう。

結論

柔軟剤投入口の使い方は簡単だ。ただし、流れなくなったりカビが生えたりといったリスクをさけるためには、定期的な掃除が必要になる。投入口のタイプを確認してから、適切な方法でお手入れをしよう。ただし、機種によって掃除方法が異なる場合もあるので、あらかじめ説明書で確認しておくと安心だ。
  • 更新日:

    2022年6月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧