このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャベツ

こんなにウマくなるなんて…『キャベツ』の意外すぎるアイディアレシピとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月15日

年間通して販売されているキャベツ。春のキャベツは柔らかく、冬のキャベツはシャキシャキとしているのが特徴。キャベツを1玉買購入するとかなりの量になるが、さまざまな食べ方ができるので便利である。今回はキャベツの食べ方について紹介する。

  

1. 調理法によって切り方を変えよう

キャベツ
切り方によって歯ごたえやシャキシャキ感が変わる。キャベツの葉のはがし方や、切り方を見てみよう。

葉のはがし方

芯の周りに切り込みを入れて親指を隙間に入れつつ、流水をあてながらはがすと簡単だ。

ざく切り

大きめに切ることでシャキシャキ感を残すことができる。

せん切り・みじん切り

サラダのように生で食べる場合は、ふんわりとした食感のせん切りがよいだろう。
お好み焼きや餃子に使う場合はみじん切りに。

2. キャベツ料理の種類

野菜炒め
キャベツはそのままでも食べられるが、炒めたり煮込み料理にしたりするとより美味しいい。
水分をしっかり含んだ春キャベツはサラダにするのがおすすめだ。甘みがあるので生でも食べやすい。ほかの野菜の付け合わせとして添えると彩りもよい。
また、キャベツといえば煮込み料理はポトフ、炒めものは焼きそばや野菜炒め、餃子やお好み焼きに欠かせない野菜だ。和え物にするならシンプルに塩や醤油、梅やじゃこと合わせると相性バツグンである。

3. 糖質制限中でも食べられる

スープ
キャベツは100gあたりの炭水化物(糖質)はわずか3g。糖質制限中の方にもおすすめだ。
ごはんの前にキャベツのサラダを食べたり、スープを飲んだりするとお腹を満たせる。スープは和・洋・中さまざまな味付けができるので、どんなメイン料理とも合わせやすい。

結論

キャベツの食べ方を紹介した。キャベツには春キャベツと冬キャベツがあり、年中入手しやすい食材である。切り方によって食感が変わるので、自分好みの切り方を探すのもよいだろう。和風、中華、洋風と幅広く使えるので、余すことなく食べてほしい。
  • 更新日:

    2022年6月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧