このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ナツメグ

使いすぎに要注意!摂りすぎると中毒症状の危険もある意外な『スパイス』の正体とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月12日

さまざまな料理やお菓子作りに使えるスパイスの「ナツメグ」。普段何気なく使い、口にすることも多いスパイスだが、その栄養について意識したことはあるだろうか。ここではナツメグの栄養価やカロリーについて解説する。

  

1. ナツメグは高カロリー。しかし、一度に使う量は少なめ

ナツメグの実
ナツメグは100gあたり559kcalと、ほかのスパイスと比べても高カロリーだ。ナツメグはニクズク科の木になる実の種の中身で、木が育つだけの栄養がぎっしり詰まっている。高カロリーとはいえ、スパイスとして使うのは多くても数g程度なので気にするほどではない。

2. ナツメグに詰まった栄養と効能

ナツメグの実
カロリーだけではなく栄養も豊富なナツメグ。美味しさだけではなく健康にも嬉しい効果があるスパイスである。主な栄養素は、ヘモグロビンに必要な鉄を運ぶ「銅」、消化や発汗を促す「ピネン」、さらに口臭の予防効果が期待できる「オイゲノール」だ。とくにピネンは胃腸の調子を整える効果も期待できるので、夏バテで食欲が出ないときにうってつけの栄養素である。

3. ナツメグの摂り過ぎには要注意!

ナツメグの実
さまざまな効果が期待できるナツメグだが、ナツメグに含まれるミリスチシンは中毒症状を引き起こす可能性がある。たとえば肉1kgであれば、0.2〜0.5gが適量だ。子どもや妊娠中の女性は、少量でも身体に悪い影響が出ることがあるので、十分に注意しよう。

結論

ナツメグは適量を守れば健康にもよいスパイスであることが分かった。肉の臭み消しに重宝するので、ハンバーグを作るときに使うのがおすすめだ。ちなみに、ナツメグの元であるニクズク科の木の種皮は、メースという別のスパイスとして使われているという豆知識もあるので、覚えておくとよいだろう。
  • 更新日:

    2022年6月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧